花火大会一覧

長良川の花火大会の見どころやアクセス、駐車場、屋台情報など!地元民がご紹介

岐阜市の花火大会は迫力満点、3万発もの花火が夜空を彩ります。 みなさん、長良川の花火大会をご存知でしょうか。 全国的には隅田川花火大会や長岡花火大会などが有名ですが、 岐阜の長良川花火大会は3万発もの花火が上がります。 7時半から始まり、途切れることなくたくさんの花火は圧巻です。 そんな長良川の花火大会について 地元民のわたしがご紹介したいと思いますヾ(*´∀`*)ノ

白浜花火大会の日程やホテル情報!地元民から見た例年の様子からの当日の状況など

和歌山県で有名な白良浜海水浴場で行われる花火大会は ☑毎年7月の最後の日行われるメッセージ花火 ☑8月10日に行われる花火大会 の2つがあり、両方とも同じ場所で行われます。 地元の中では特に人が多く地元の人以外にも 泳ぎに来られた観光客などで賑わっています。 そんな白浜花火大会の当日の様子や屋台情報などを 地元民のわたしがお伝えしますヾ(*´∀`*)ノ

多治見市の花火大会【地元民が教える】屋台や有料席、トイレなどのコア情報

岐阜県多治見市の花火大会は 毎年8月1日に一番近い日曜日に行われます。 土岐川河川敷(陶都大橋~国長橋)で 19:30~20:30まで約4500発の打ち上げ花火と フィナーレにナイアガラの滝が行われます。 近隣の花火大会と比べて打ち上げ花火の数はそんなに多くないですが 電車の行きやすい街のため毎年人手が多いです。 そんな多治見の花火大会の気になる情報を 地元民ならではの目線でご紹介しますヾ(*´∀`*)ノ

洞爺湖ロングラン花火大会!遊覧船や日程や時間、場所などの詳細は?

皆さんだんだんと暑さも増し、夏らしくなってきましたね! 夏と言えばキャンプ、お祭り、海 そして花火大会ではないでしょうか?(^^) 毎年開催されている洞爺湖のロングラン花火大会。 今年ももちろん開催されますよ! 北海道でも大人気の洞爺湖ロングラン花火大会。 今年は遊覧船で楽しんでみるのもおすすめですよ! 詳細についてまとめてみましたヾ(*´∀`*)ノ

土浦の花火大会は秋の夜長の競演。アクセス方法や桟敷席・注意点などまとめ

茨城県土浦市の花火大会は 毎年10月の第一土曜日に開催されます。 「花火競技大会」と称される通り 花火制作会社が自社の作品をお披露目する場です。 花火と言えば夏の風物詩ですが この花火大会は夏が終わった10月に翌年の夏のための競技会で ここで評価の高かった花火はよく売れて 翌年の各地花火大会で打ち上げられることになるのです。 私にとっては故郷土浦の歴史ある大会で、小さい頃からの年中行事。 2時間に渡りほぼ打ち上げっぱなし 他の花火大会を見に行く気にはならないほどの本数が打ち上げられます。

長岡花火大会へは新幹線いい!混雑しても臨時便が出ます!見どころもご紹介

日本の三大花火の一つとしても知られている 長岡花火が大好きで毎年訪れています。 その人気ぶりは年々増すばかりで 混雑も同様となっています。 そこでおすすめしたいのが新幹線での移動手段です。 新幹線での移動がどんな風におすすめかをまとめてみました!

南魚沼の花火大会【兼続公まつり大煙火大会】温泉で家族ゆったり観賞会を!

3日間開催される「南魚沼市兼続公まつり」の 最終日に行われれる南魚沼地域最大級の花火大会。 超特大のスターマインはとても素晴らしいものですよ^^ 盆地だからこその「音の響き」が 自然な演出になっていて見どころ満載です! そんな南魚沼市兼続公まつり大煙火大会を 遠方の家族連れの方向けに 兼続公祭り花火大会をゆったりと楽しく観賞できる 南魚沼の温泉宿を紹介します。

たまがわ花火大会に今年もまた子連れで行きます!オススメ情報まとめてみました

今年もまた、二子玉川の花火大会に行く事なり 子供連れ行く場合の、二子玉川の穴場スポットや屋台 周辺の遊び場なども含めて、まとめてみました。 お子さん連れで二子玉川の花火大会に行こう! とお考えの方、必見ですよ~ヾ(*´∀`*)ノ また、今まで夏に開催されていた花火大会ですが、今年から秋に変更になっていますので その辺もお伝えするのでしっかりチェックしておいてくださいね!

千歳道新花火大会の会場や日程、駐車場やアクセス情報などまとめ

毎年7月後半に北海道・千歳市で 北海道新聞社主催の「道新・千歳花火大会」 が開催されます。 打ち上げは約2000発、時間にして1時間弱ですので、 決して大きな花火大会ではありませんが、 その分だけゆっくりと楽しむことができます。 札幌から千歳はJRの快速エアポートで30分ほどと近く 意外に楽しめる穴場の花火大会なのでぜひご紹介したいと思います!