ジップロックの袋は再利用できるのか?洗い方や捨てるタイミングは?

スポンサードリンク

食品などの保存にとっても便利な袋型のジップロック。

あなたもお料理をしながら
1日に一度は手に取っているのではないでしょうか?

そしてこの便利なジップロック。
袋の作りもしっかりしていて、一度使ったくらいではヘタっていないし
値段も安いものではないのでポイっと捨てるにはもったいないなぁ
と、思ったことはありませんか!?

ジップロックは、果たして再利用できるものなのでしょうか?
そして、再利用するのであれば、注意点を押さえて、より便利に使いたいですよね!

ジップロックの袋は再利用できる?使うときにもコツがある!

ジップロックを販売している旭化成は
ジップロックは再利用せず一度使用すれば捨てる
ように促しています。

なので、再利用するのであれば
あくまで自己責任で。ということになりますが
再利用することは可能です。

再利用する際には、注意しないといけないことがあります。

それは、次回つかうときのために
袋を完全にきれいにすることです!

使い終わったら

袋を必ずキレイに洗い水分がなくなるまで干してできればアルコール消毒

をします!

汚れや水分が残っていると
次になかにいれたものが腐ってしまうことがあります。

ここで注意ですが

☑カレー
☑油物

などの汚れが強くついて洗っても取れないようなものは
再利用せず、一度で使い捨てましょう。

ジップロックが一度で汚れないために
生のお肉や魚を保存する際はラップに包んで袋にいれるようにする
のがコツです!

逆に、生の野菜を保存したものなどは
汚れもつきにくいのでそのまま入れたあとのものでも再利用できますね。

また

💡袋が破れている
💡傷んでいる

ということがあると、密閉の機能が落ちてしまいます。
そういったものは、一度しか使っていなくても再利用しないことが望ましいです!

スポンサードリンク

ジップロックの袋の洗い方!乾かし方もご紹介!

再利用するときは、必ずジップロックをしっかりと洗って乾かしましょう!
洗剤で、袋の表も中も洗うことがポイントです。
中は洗いにくいので、裏返してしっかりと洗いましょう。

洗い終わったら、雑菌を増やさないようにしっかりと乾かし水分を取ります!

中表をひっくり返して逆さまに吊って日の当たる場所でしっかりと干す
または
背の高いコップに中表にした袋をかぶせて乾かします。

意外と短時間でしっかりと乾きますよ!

もしできましたら、お手持ちのアルコール消毒をシュッと吹きかけておきましょう。
そうすると、しっかり除菌もできて、安心ですね!

ジップロックを捨てるタイミングは?

捨てるタイミングは、人それぞれだと思います。
ですが、だいたい2~3回の使用で捨てるのが一般的かと思います。

まだ使えるかな?まだ破れていないから大丈夫!と思っても
2~3回の使用で袋に傷がいってしまったりして密閉機能が落ちてしまいます。

ジップロックのいいところは、密閉機能を活かす以外にも
身の回りの小物の整理や子供の細々としたおもちゃの整理などにも使えるところです。

チャックやジッパーが壊れていないけれど食品の保存には使えそうにないものは、
保存以外のことに使用するものいいですね。

また、台所ででる生ゴミを入れるゴミ袋にするのもオススメです。
袋がいっぱいになったら、チャックやジッパーをしめると、生ゴミの臭さも半減されますよ!

まとめ

いかがでしたか?食品の保存にとても便利なジップロック!
上手に使えば再利用もできるとなると
日々の生活でますます活躍しそうですよね。

ラップを併用したり、しっかり洗って乾かす
そして汚くなったものは躊躇せずに捨てる
という習慣をつけ、衛生面に気を付ければ
ますます便利なジップロックライフを続けられると思います!

スポンサードリンク