岸和田だんじりの日程!2018!10月との違いは?見所は?屋台はある?

スポンサードリンク

『だんじり』と聞くと、大阪岸和田のだんじり祭りが有名ですか
あなたは行ってみたことはありますか?

テレビでよく見る約4トンのだんじりをやりまわしする様子は圧巻で迫力満点!

全国のお祭りの中でも、あれ程まで迫力や男気を感じるものは
他にないのではないかと言われています。

そんな岸和田だんじり祭りですが、
実は9月と10月に開催されていることご存知でしたか?

今年は是非、岸和田だんじり祭りを見に行こうと考えているなら
抑えておきたいポイントをお伝えします!

岸和田だんじりの日程2018!9月と10月では何か違うの?

岸和田だんじり祭りは、9月と10月に開催されます。

9月に行われる『9月祭礼』は
岸和田市の主に海側の地域で開かれる大規模なお祭りです。

海側とは、南海岸和田駅周辺と南海春木駅周辺の『旧市』と言われる地域です。
テレビなどでみる全国的に有名な岸和田だんじり祭りは、この9月祭礼です!

10月に行われる『10月祭礼』は
JR阪和線沿線の「山側」の町でやるお祭りです。

つまり、岸和田市の旧市以外の地域で行う岸和田だんじり祭りのことです。
10月祭礼は、全国的に有名で大規模な9月祭礼とは対照的に
地域のお祭りといった雰囲気で、集まるのもほぼ地元の人です。

2018年のだんじり祭りの日程は、以下のようになっています!

岸和田だんじり祭り9月祭礼
9月14日(金)~9月16日(日)
9月14日(金)14時~16時 試験曳き
9月15日(土) 6時~22時 宵宮
9月16日(日) 9時~22時 本宮
岸和田だんじり祭り10月祭礼
10月6日(土)~10月7日(日)
10月6日(土)6時~22時 宵宮
10月7日(日)7時~22時 本宮

岸和田だんじり祭りの見所!テレビで見かける風景はどれ?

岸和田だんじり祭りの見所は、
有無を言わさず大迫力の「やりまわし」ではないでしょうか!

テレビでもよく見かけますが、
およそ4トンだんじりがスピードを落とすことなく道を直角に曲がり駆け抜けていく「やりまわし」
は、だんじり祭りならではの光景です!

祭りの2日間、決められたルートを何周も駆け抜けていき
曲がり角では速度を落とさずに高速で正確なやりまわしをやり遂げる、
その迫力は圧巻です!

だんじり祭りを見にいくなら、是非このやりまわしを近くでみたいものですね。

他には、夜に行われている「灯入れ曳行」
という、だんじりの引き回しも見所です。

昼間は大迫力で町中を走り抜けただんじりが、
200個ちかくの赤い駒提灯で飾られゆっくり練り歩いていく姿
はとても幻想的な雰囲気を醸し出します。

せっかく行くのなら、昼から夜までお祭りの情緒を十分に楽しみたいですね!

岸和田だんじりの屋台情報!最寄駅などもしっかりチェック

9月に行われる岸和田だんじり祭りでは
探す必要のないほどいたるところにズラリと屋台が並んでいます!

特に

💡岸和田駅前
💡カンカン場
💡岸和田港塔腹線(川端筋、府道39号線)

周辺に多いです。

10月の祭礼は、9月祭礼ほど多くは出店がありません。
屋台は、春木駅前のラパーク岸和田周辺に集中して出ています!

お祭りでよく見かける屋台はもちろん、
だんじり祭りならではの、珍しい屋台も出店されています!

例えば

☑だんじり料理として有名な関東煮(おでんのこと)
☑泉州名物のくるみ餅

などがあります。

また、飴細工の屋台も職人芸が珍しいということで、
多くの人があつまっていますよ!

そして、気になるお祭りの最寄駅ですが、
9月祭礼は、岸和田駅が最寄りです。

ただ、岸和田駅はとても混雑するので
蛸地蔵駅や和泉大宮駅で降りるのがいいかもしれません。

まとめ

たくさんの屋台や、迫力のやりまわしなど
夏のお祭りを十分に楽しむなら、今年は是非だんじり祭に行ってみましょう!

もし、ご家族で行かれるのなら
初めて見る大迫力のだんじりに子どもたちも大興奮間違いないのではないでしょうか。

スポンサードリンク