認知症の改善に期待が膨らむ!MCI段階の早期発見がポイント見分け方

スポンサードリンク

9月12日放送の「スッキリ!!」でやっていた、認知症の淵からよみがえった人。

認知症の症状が出始めていた方が、今ではその症状が無くなったとか・・・

すごいなぁと思ったので、まとめてみました。
もし良ければ参考にしてみてください^^

正常な人と認知症の間の認知症予備軍MCI

わたしこのMCIっていうのは初めて聞いたんですが

正常な状態⇒MCI⇒認知症

という流れになっているらしく、このMCIっていうのは軽度認知症で、認知症予備軍的な位置づけになるそうです。

このMCIという段階では、人に言われたりメモをしていれば思い出せるんだそう。

で、MCIなら世界的な研究の中で正常な状態へ引き返せる可能性がある
と言われているようです。

統計を取ったら

という感じで、1割が正常な状態へ戻ることができ、4割がMCI状態を維持。
残念ながら認知症を発症してしまったのが5割という結果が出ているそうです。

つまり、半数以上の人が状態の維持、もしくは改善できる可能性があるという事です。

これってすごいですよね!

それにはやっぱり、MCIを早い段階で気づくことが大事だといっていました。

認知症の改善へ!MCIの早期発見ポイント

MCIを発見するには、

☑もみじといちょうを間違える
☑ナイフとフォークを間違える

といった本当に些細な間違いが増えていることを見逃さないことが大事だそうです。

他にも注意するポイントとして10個あったので紹介しますね^^

  • 何度も同じ話や質問を繰り返す
  • 水を出しっぱなしにする
  • 同じ商品を買ってくる
  • 「あれ」「これ」などを使って話すことが増えた
  • 外出することが減った
  • 服装など身の回りのことに無頓着になった
  • 趣味を楽しめなくなった
  • 家電製品やスイッチ操作にまごつくことが増えた
  • 会計時に小銭を使わなくなった
  • 今日の日付が出てこない

上記のポイントにより多く当てはまる場合は、医療機関を受診して検査をした方がいいようです。

スポンサードリンク

MCI段階で症状改善の2つのポイントと期待できる食べ物

症状改善のポイントは2つ。「運動」と「好奇心」です。

運動は、ちょっときつめの運動がいいようです。

そうすることによって、脳に刺激を与え、血流を良くしてくれます。

さらに鍛える部分に神経を集中することにより、感覚神経をつなげることに役立ちます。

筋力トレーニングなどは、今まで使われていなかった筋肉が動き出すので、脳に刺激を与えてくれるので効果的です。

好奇心というのは、好奇心旺盛にいろんなことにチャレンジするという事。

スッキリで紹介されていた方は、MCIと診断されたことをきっかけに、ウクレレを習い始めたそうです。

それを今でも続けていて、さらに他にも色々やってみたい事がどんどん増えて元気に過ごしていました。

とにかく色んな事に興味を示し、楽しく過ごすというのが大事みたいですね^^

あとは、シナプソロジーという運動も効果的と言っていました。

シナプソロジーとは、

「2つのことを同時に行ったり、左右で違う動きをしたりという
普段慣れない動きをして脳に適度な刺激を与え、活性化を図る」

というものです。

簡単に見えて意外と難しいんですよね(;´Д`)
普段から少しづつやっているだけでも違うだろうなぁって思いました。

あと、MCIの症状に効果が期待できる食べ物として紹介されていたのが「ブロッコリー」です。

ブロッコリーは老化を抑える抗酸化物質が野菜の中でもトップクラスという事で
認知症改善や症状を抑える以外にも生活習慣病の予防にもいいという事でした。

おわりに

スッキリに出ていたおばあちゃんは、MCIと診断され、その後症状改善のポイント2つを毎日行い、3年後数値から見ても明らかに良くなっているといっていました。

テレビで見る限りでも、とてもしっかりしていてとても認知症予備軍だったとは思えない感じでしたよ^^

認知症を改善するにはやっぱり早期発見で対策をしていく事がすごく大事なんだなぁって思いました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする