ファスティングは準備期間が大事!準備食におすすめな物とコンビニ活用術

スポンサードリンク

ファスティングには準備期間があるのはご存知でしょうか。
そして、この準備期間をどのように過ごすかによって
ファスティング中の体への負担や、効果もかわってきます。

ファスティングが無駄にならないよう、
正しい準備期間をすごしてファスティングに望みましょう。

ファスティングは準備期間も大事!体を整えてスタートしよう

ファスティングの準備期間とは主に食事の調整です。

いきなり食事をとらなくなると体に負担がかかってしまうので
少しずつ食事量を減らして体を慣れさせてから始めるようにします。

ファスティングについて詳しくはこちら
ファスティングダイエットとは?どんな効果があるの?色んな種類があるんです!
ファスティングのやり方はこちら
酵素でファスティングのやり方【3日・5日】酵素ドリンクのおすすめと代用品はある?

ファスティング中に活躍するのは肝臓です。

肝臓は普段、

💡血液循環
💡解毒作用
💡タンパク質の合成

などの働きをしています。

ファスティング中は、栄養をとらない分
体内の脂肪をエネルギーにかえようとします。

この働きに大きく関係するのが肝臓です。

ファスティング中は肝臓がいつも以上に機能しますので、
始める前にしっかり休めさせてあげることでより効果が期待できます。

そして、生命維持に必要なマグネシウムをとることも大切です。
マグネシウムはエネルギーを生産し脂肪燃焼や代謝を高める働きがありますので、ファスティングの効果をあげるのに大切な働きをしてくれます。

ですから、準備期間中は肝臓に良いものと
マグネシウムの多いもの食べるようにしましょう。

そして1、2週間前くらいから

💡小麦
💡カフェイン
💡お菓子
💡乳製品
💡油物

は控えるようにしましょう。

和食を中心とした栄養バランスの良い食事を心がけてください。
食材以外でも調理方法を煮込み料理にしたり、
野菜や食物繊維の多いものから食べるようにしたりと工夫してみてください。

前日はおかゆなどにして、
夕食は早めにすませるようにしましょう。

ファスティングの準備食におすすめの食材とメニューは?

では、ファスティングの準備食に良い食材は
どんなものがあげられるのでしょうか。

梅干し、にんにく、にら、ネギ、しょうが、セロリ、三つ葉、パクチー
ブロッコリー、カリフラワー、アスパラ、ピーマン、ほうれん草、小松菜、ごま、春菊

などです。
なんだか緑色のものや葉物ばかりですね^^;

他にも食事の「まごわやさしい」をご存知でしょうか。
これは、

「ま」→豆類
「ご」→ごま
「わ」→わかめ・海藻
「や」→野菜
「さ」→魚
「し」→しいたけ・きのこ
「い」→芋類

のことをさし、
これらの食材を毎日バランスよくとることが理想とされています。

ですので、この「まごわやさしい」を意識した食事をとるようにしてください。
具沢山のお味噌汁や煮物、おひたしなんかがおすすめです。

反対に準備期間中に避けてもらいたい物は、

☹インスタント食品
☹ファーストフード
☹お酒
☹肉
☹卵
☹揚げ物
☹お菓子

などです。
これらは、消化もしづらく肝臓に負担がかかってしまうので
注意してください。

ファスティングの準備食にコンビニも活用できる!手間は極力減らそう

食事の準備も毎日三食となると大変ですよね。
大切なのは食材の質であって、
手作りにこだわる必要はありません。

作り置きできるものは、作り置きして、
たまには買って食べるのもいいでしょう。

コンビニでも手軽に準備食を用意することはできますよ。

💡おでん
💡おかゆ
💡納豆
💡お味噌汁
💡果物
💡ナッツ類
💡梅干し

など味つけされていないものであれば
コンビニでも買うことができますのでどんどん活用してしまいましょう!

おわりに

ファスティング中は慣れるまでお腹がすいたり、
食べ物のことを考えてしまうかもしれません^^;

なるべく考えないように、
忙しくしていると時間がたつのも早く感じていいかもしれません!

ファスティング中は自分との戦いですね^ ^
ファスティングが終わると疲れにくくなったり、頭もすっきりして快調になります。

そして、終わった今の状態が本来の自分状態です。
いつも、頑張ってくれている自分の体にも、たまには休日を与えてあげて下さい☆
リセットされた自分でまた頑張りましょう!

スポンサードリンク