多治見市の花火大会【地元民が教える】屋台や有料席、トイレなどのコア情報

スポンサードリンク

岐阜県多治見市の花火大会は
毎年8月1日に一番近い日曜日に行われます。

土岐川河川敷(陶都大橋~国長橋)で
19:30~20:30まで約4500発の打ち上げ花火
フィナーレにナイアガラの滝が行われます。

近隣の花火大会と比べて打ち上げ花火の数はそんなに多くないですが
電車の行きやすい街のため毎年人手が多いです。

そんな多治見の花火大会の気になる情報を
地元民ならではの目線でご紹介しますヾ(*´∀`*)ノ

多治見の花火大会は屋台の混雑がすごい!

河川敷に屋台が出ていますが
花火が良く見えるので、立ち止まったりする人もいるため
屋台の前の細い通路は花火が上がっている間はすごい人です。

そのため、全く動けなくなってしまうことも多々

それでも食べ物や飲み物は
少し入った道にも似たようなものが売っている
のでそんなに困りません。

ですが、お子さんなどの場合は
よく屋台で売っている光る〇〇が欲しいなどと言い出すことも考えられますよね。

どこにあるか分からない屋台を探す羽目になり(持ってる子がいたりすると言っても聞かない)とても大変です。

お目当てのものがある場合は、早めに購入しておくのが絶対的におすすめです!

多治見の花火大会は有料の桟敷席(協賛席)もありますよ

私はまだ買ったことはありませんが
1人1000円出せば花火をゆっくり鑑賞できる席が買えます。
※販売枚数は800枚で、小学生以下は無料です。

実際購入したことはないのですが
慌てずゆっくり席を確保したい人には
お値段もお手頃だしいいと思います^^

花火は国長橋側から上がったり陶都大橋から上がったりしますので
席を取らなくていいのは楽ですよね^^

多治見の花火大会はトイレには割と困らないです♪

花火大会ってもちろん河川敷で行われるため
小さな子を連れているとトイレに困ることも多いですよね。

多治見の花火大会は、会場近くの国長橋付近にある公園にトイレがあります。
場所も分かりやすいのでとても便利です。

さらにもう少し歩くと図書館があり
綺麗なトイレとおむつ代えシートの付いたファミリートイレがあります。

20時までやっている2階の図書館に上がれば
授乳室もスタッフの方に言えば貸していただけます。

もうすぐ歩くとコンビニがありますが
ここのおトイレはおすすめしません。

理由は歴然。
お祭りに必須の飲み物などが当然屋台より安いので半端なく混んでいます。

列が一週回って外!お手洗いも混んでいるので
避けた方がいいでしょう^^

おわりに

花火大会はもちろん花火がメインですが
屋台と花火と同時には楽しめません。

我が家のような小さな子がいる家庭は特に。

花火が上がり始めるともちろん混んでくるので、
夜店はまだ明るい空いているうちに回って楽しんで
花火が上がり始めたら買いやすい食べ物を食べながら
ゆっくり見ると楽だなと思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする