中学生の読書感想文の書き方例。構成と書き始めが肝心!本選びにもコツがある。

夏休み
スポンサードリンク

中学生の夏休みの課題でよくあるのが読書感想文ではないでしょうか。
皆さんも一度は書いたことがあるかもしれません。

何文字程度で…作文用紙◯枚分で…などですよね。
きっと苦手なお子様も多いですよね。

書き方のコツをつかんで、悩まず読書感想文を書けるようになりましょう!

中学生の読書感想文の書き方例。構成を知ろう!

まずは、構成を考えて書いてみましょう!

①「なぜこの本を読もうと思ったのか」「この本を知ったきっかけは何か」
を書きます。

次に
②この本の全体的な内容を簡単に書いてみましょう。

この時は、自分の考えや思いは必要ありません。

それから
③それぞれの内容に自分の感想を加えていきます。

・自分ならこうする
・自分ならこう思う
・なぜ◯◯なのか
・こうしたらよかったのに
・こうだったらどうなっていたのだろう

という感じですね^^

④最後にまとめです。
この本を読んで学んだことや、為になったこと、
読む前の気持ちと読み終わってからの気持ちの変化
これからの自分にどう生かすのかということを書いてみて下さい。

本を読みながらメモをとることも大切です。
一度読んだだけでは忘れてしまうこともあると思いますので、
面白いとおもったことや感じたことをその都度書いておきましょう。

気になった登場人物の名前や印象に残った言葉、お気に入りのシーンなんかも
感想文を書くのに必要なキーワードになりますのでメモに残しておくとよいでしょう。

そして最後にこのメモをまとめていき文章になおしていきましょう。

感想文はみなさんそれぞれに書き方や個性があると思いますが、
文章をどう書いていいのかわからないという方は是非参考にしてみて下さい。

中学生の読書感想文の書き始めはこうすればスラスラ書ける!

感想文の書き始めも悩むところですよね。

一般的な書きはじめは、

「私は、今回◯◯という本の感想文を書きました。」
「◯◯という本を読んだ感想を書きたいと思います。」

でしょうか。

「お?」と思ってもらえるパターンとしては

☑この本を読もうと思った理由や本との出会い、本の内容
☑「みなさんは◯◯を知っていますか?」などと問いかけ
☑本を読んで1番印象に残った人物や内容について書き始める
☑いきなり結論から書く

から始まる書き方ですね^^
いきなり結論からというのはかなりインパクトがありますよね^^

でもこれは、その後が少し難しくなってしまう可能性があるので
上級者向けかもです^^

段落をわけてその内容ごとに書いていくのもいいですし、
全体的にさらっとかいて、自分が1番印象に残った部分を深く書いてもいいでしょう。

読んでいるときに感じたことは
良い感情でも悪い感情でも立派な感想です!
全て書いていいのです。
良いことばかり書こうと考えないで下さい!

中学生の読書感想文は本選びも肝心!本選びのポイントは?

実は読書感想文を書くのに
一番と言っていいほど大事なのは本選び
と言っても過言ではないですよね。

全く興味がない内容の難しいものですと、
頭にはいってきませんし何より読むこともしたくなくなりますよね。

ポイントは大きく分けて2つです。

まずは何といっても自分が興味があるもの

ですね。

自分が面白いと思えたら、他の人にも見てほしくなりますよね!
そこを伝えるだけでも十分感想文になりますよ^ ^

反対に友達にすすめらた本も
友達の意見なんかも聞けて参考になるのではないでしょいか。

もう1つは

自分と共通点がある。又は共感できそうな内容

の本です。

友情がテーマの本でも、冒険がテーマの本でも
ジャンルは何にせよ、共感できるようなものだと書きやすさは格段に上がります^^

他には、前から家にあって読んだことがある本も
内容がわかっているので書きやすいですし
図書館に行けば色々な種類の本がそろっています。

まずは、本のあらすじに目を通してみて下さい。
読んでみたいと思えたらその本は感想文が書きやす本かもしれません。

そして、本を読むのが苦手な人は文字が読みやすく
あまり長くない短編の内容の本を選びましょう。

字がぎっしりで分厚い本は大人でも読むのが大変です。
反対に短すぎても感想文の中身がなくなってしまうので気をつけましょう。

おわりに

本を読んでも実際にその感想を文章にするのは、やっぱり難しいですよね。
上手く書こうと思わなくていいんです。素直にありのままにが1番伝わると思います。

本を読むことも文章を書くことも何回もやることで自然と身につきますよ^_^
素敵な本に出会えるといいですね☆

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました