七五三の初穂料でのし袋の種類や水引は?封筒は中袋なしでいいの?

スポンサードリンク

七五三の初穂料を包む封筒ってどれを使っていいか迷いますよね。

同じ神社にご祈祷に行った人たちに聞いても、水引のついた物を使っている人もいれば白い封筒の人もいたりで色々だったらしい。

中には花柄の祝儀袋を使っていた人もいる。

結局どれを使うのが本当なのかわからない・・・・

そんなあなたに。今回は

◆七五三の初穂料でのし袋の種類
◆七五三ののし袋の水引はどれを使えばいい?
◆七五三の初穂料 封筒は中袋なしでOK?

についてお伝えします。

七五三の初穂料でのし袋の種類

本来は「白熨斗袋」を使います。

でも、普通の白封筒を使う人も居ればキャラクターが描かれている封筒を使う人、中にはお財布から普通の買い物をするように裸で出す人など、本当に色々です。

なので、今の時代は絶対に「白熨斗袋」にしなきゃいけないっていう訳ではなくなっています。

でも、せっかくの七五三ですからね^^
少しでも気になるなら高い物じゃなくてもいいので、白熨斗(のし)袋に使用する方がいいと思います。

七五三ののし袋の水引はどれを使えばいい?

白熨斗袋と言っても、水引の種類だけでも、結び切りだったりあわじ結びだったりと色々ありますよね。

七五三で使用するのは「花結び」と言われるものになります。

リボン結びや蝶結びと言われるものですね^^

水引の色は、「紅白」のものでも「金銀」のものでもどちらでも大丈夫です。

また、のし袋自体に水引が印刷されているものでも大丈夫です^^

あわじ結びや結び切りの水引は、解けない方結びになっていて、何度もあっては困るものという意味から、結婚などの慶事に使われます。

七五三もお祝い事なので、あわじ結びも間違いではないので使われることもあるようですが、花結びの方が無難かな。と思います。

スポンサードリンク

七五三の初穂料 封筒は中袋なしでOK?

封筒の中袋ですが、これは基本的に「なし」で大丈夫です。

もし購入したのし袋に中袋がついていたなら使ってもOKですが、あえて何かで包んで入れなきゃいけないという事はありません。

金額的に、数万円、数十万円という高額なお金を入れる場合は中袋を使うといわれていますが、七五三の初穂料がそこまで高額になる事はないですしね^^

おわりに

七五三の初穂料を包む封筒、昔は必ずのし袋に。
という風習があったみたいですが、今は何でもありみたいになっているようですね(;^_^A

とは言え、せっかくのお祝い事ですしそんなに大変じゃないと思うので、豪華なものじゃなくてもいいからのし袋に入れると気持ち的にもいいんじゃないかなぁって思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする