手足口病は病院に行かなくてもいいの?幼稚園には行っていい?うつる確率は?

健康・病気
スポンサードリンク

手足口病は5歳未満の子供がかかりやすく、
特に春から夏にかけて流行する病気です。

現在ではワクチンや特効薬もないようです。
では、もしかかってしまったらどうしたらいいのでしょうか。

手足口病は病院に行かなくてもいいのか?幼稚園へは行っていいの?

手足口病のウイルスは沢山の種類があります。
なので、一度かかって抵抗力がついたと思っても
他のウイルスでまたかかってしまうのです。

潜伏期間は3日〜5日発症して1週間から10日で治まってきます。

名前のとおり、手足や口の周り、口の中に赤い発疹ができます。

子供の場合は熱もそれほどあがらず
発疹に痛みやかゆみもあまりないことがほとんどです。

ですが、まれに

☑高熱がでる
☑頭痛がする
☑嘔吐や吐き気
☑脱水症状
☑呼吸が速い
☑視点があわない
☑ぐったりとして反応が薄い

などの症状が出る場合もあります。

その時は、すぐに病院に受診して下さい。
専用の薬はありませんが、病院では解熱剤や痛み止めなどを
処方してくれることが多いようです。

あとは、栄養を摂って、安静にしておくのが大切です。

感染する病気ではありますが、
幼稚園を休ませなければいけない決まりはありません。

判断基準としては高熱がなく、普通の食事がとれることです。

喉に発疹ができると
食べ物を飲み込みずらくなり食事ができない場合もあるのです。
そして、病院にかかって保護者の登園届が必要になります。

手足口病がうつる確率ってどのくらい?

手足口病はくしゃみやだ液、潰れた水泡、排泄物から感染します。
集団で、密接する機会の多い幼稚園ではうつりやすいと言えそうですね。

予防法としては

💡マスクをつけたり
💡手を洗ったあとには同じタオルを使わない

などし、排泄物を処理した後や、潰れた水泡を触ってしまったら
手洗いをしっかりして下さい。
プールや温泉も注意が必要です。

一緒に入っただけでうつることはありませんが、
水の中で水泡が潰れてしまった場合、水で接触して感染してしまうので
完全によくなるまでやめておいたほうがよいでしょう。

寝不足や栄養不足により免疫力が低下
していると、よりかかりやすくなってしまいます。

ヨーグルト、チーズ、味噌、食物繊維は免疫力を高めてくれますので、
積極的にとるといいですね^^

おわりに

ワクチンも薬もない手足口病。
かかる可能性は、十分にあります。
もしかかってしまっても、慌てずにすぐ病院を受診しましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました