フランス語の勉強はどうやってやるの?コツは?おすすめの映画はこれ!

スポンサードリンク

世界一美しい言語と言われる、フランス語!
ニュースや映画などで耳に入る流暢な言葉のリズムを聞くと、
フランス語を話してみたいな♡せめて聞き取りでもできればな♡
と思いますよね。

外国語に興味があり、特にフランス語を操れるようになりたい!
と思い、私も大学でフランス語を専攻し、学生時代は留学も経験しました。

今から、フランス語を習得したいと思うあなたに、少しでも参考になればと思います!

フランス語の勉強はどうやってやるの?独学は可能?

あなたがもし、独学でフランス語の勉強をしたいと思っているなら
それはとても大変で時間がかかることですが、独学は可能だと私は思います。

ただ、フランス語は、

大学で毎日フランス語のシャワーを浴びていても習得が難しく
卒業する頃には習得レベルにかなり個人差がでる言語

だと思います。

それほど日本人にとって
難易度が高く独学となるとそれなりの覚悟と辛抱強さがいる
言語の1つだと思います!

フランス語の勉強法は
フランス語だからと言ってほかの言語と勉強の仕方が特別に違うわけではありません。

まずは、単語を覚えること!
名詞の場合は、「男性名詞」「女性名詞」も一緒に区別しながら覚えることが大切です。

そして、語彙を増やすと同時に
文法書をしっかりと読み進めて行くことです。

また、辞書はなるべく電子辞書を使い

☑単語の読み方を音声で聞く
☑例文までしっかりと目を通していく

ことが大切です。

フランス語は、英語や中国語などと違い、
日本国内にいてあまり耳にはいってくることはありません。

また、日本にいて、なかなかフランス人と出会う機会もありません。

生のフランス語を聞いたり、訂正してくれる相手がいない環境で
電子辞書はとても役に立ちますよ!

あとは、耳を育てることです。
言っていることが何かはわからなくても

☑Podcast
☑ラジオ講座
☑テレビ講座
☑YouTubeの子供向けアニメーション

なんかでもいいです。

必ず、一日に決まった時間、移動中やお料理をしている間でもいいですし
フランス語のシャワーを浴びることが大切です。

また、フランス語は発音も独特で日本人にとってはとても難しいです。
できれば、テレビやラジオの講座を見たり聞いたりしながら、
手元にテキストも用意し一緒に読みながら、声に出す練習もとても大切です。

フランス語を独学でやる場合のコツやポイント!覚えておくべきことは?

独学をするうえでのコツは
あまり教科書や参考書に縛られずに勉強をすすめてほしい
ということです。

言語は生きています。
その言語を使う人々の間で、言葉は常に変化します。

文法や単語帳には載っていない
「話し言葉でしか使わない表現や言葉」
が数多く存在します。

例えば、日本で扱うフランス語の参考書では
この場合こういう文法表現や単語の使い方はできないと習っても

フランスに行くと参考書のなかでは間違っていると書いてあった使い方で
会話をしていたり手紙を書いていることが多くあります。

教科書的に言うと正しい言葉の使い方をしていないのに
むしろその使い方のほうがイケてる!
ということです。

日本語でも同じようなこと、ありませんか?
独学で勉強する際、フランス映画を見たり、フランス語の新聞などを読むこともあると思います。

こんな単語表現っていいの⁈
なんでこんな文章になるのか意味がわからない!

ということ、何度もあると思います。
そんなときは、なんでなんだ⁈と

深く突き詰めずにフランス語ではこの場合はこういう風に言うんだな!

くらいに思うのが
独学でフランス語を学んでいくうえでのポイントかな
と、私は思います。

フランス語の勉強は映画やラジオでリスニング力も鍛えよう!おすすめはこれ!

言語習得の近道は、シャドーウィングと言われます。
フランス語でも同じだと思います。

しっかりと耳で聞き真似ることで、アウトプットすると自然に言葉を覚え
文法を意識しなくてもスッと口から言葉が出るようになります。

私は、France2というネットニュースをよく見ています。
France2

フランスで起こっていることを知れるのはもちろん、ニュースなので聞きやすいです。
スマホのアプリで簡単に聞くことができます!

また、映画好きの方なら映画を通して勉強できたらな、と思うでしょう。
フランス映画を使って、フランス語を勉強しようと思うと、なかなか難しいです。

独特の表現もあり、先程お伝えした生のフランス語も飛び交うので
理解するのに時間もかかります。

映画を使って勉強するのなら
まずは日本語の字幕をしっかり覚え、話を理解したうえで
フランス語の聞き取りに切り替えていくことをおすすめします!

そして、同じ映画を何度も繰り返してみることが大切です。

私のおすすめの映画は、やはり、『アメリ』『最強のふたり』です。
日本でも話題になった映画で、日本語訳もわかりやすく、しっかりしています。

まとめ

独学で学ぼうとされているあなたに、少しでも参考になったでしょうか?
私は学生時代、自分は話せる!聞き取れる!と思って、留学に行きました。

ですが、実際行ってみると、何を言っているのか
さっぱり私の話していることは全く伝わらず
むしろ英語で話してくれる?

と言われることばかりで、ショックを受けました。

着いてから2週間くらいは、話しかけることや話すことに億劫になり
外に出たくない!とすら思っていました。

それだけフランス語は、日本人である私たちに馴染みがなく発音も難しいものなのです。
ですが、どれだけ難しいとはいえ言語です。

習得できない、なんてことはありません!
フランス語を勉強していると、日本語の発想では考えられない
ステキな言葉の表現にたくさん出会えます!

そして、そんなフランス語を話すフランスの人たちが
フランスがどんどん好きになれます!
是非とも、フランス語を学んでほしいなと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする