飛行機での授乳方法とタイミングは?通路側がいいの?授乳ケープもあると便利!

スポンサードリンク

赤ちゃんと飛行機にのるのは、不安なこともいっぱい!
赤ちゃんはいつどんな状況になるか予想がつかないことだらけですよね。

事前に赤ちゃんと一緒に飛行機にのるときのポイントをおさえて
余裕をもって行動できるように準備しておきましょう!

飛行機で授乳する方法とタイミングは?

飛行機と他の乗り物とでの大きな違いは「気圧」だと思います。
赤ちゃんの体質にもよりますが
この気圧の変化で耳が痛くなったり耳鳴りがする子もいます。

全く大丈夫な赤ちゃんもいるみたいですが…

実際、わたしが先日乗った飛行機にも赤ちゃんがいましたが
約1時間半のフライトのほとんどを泣いて過ごしていました・・・(´;ω;`)

私的には「うるさい><」というよりも
「かわいそう><」という気持ちになりましたね。

中耳炎の赤ちゃんや風邪気味で鼻水がでているときは
痛くなりやすいので注意が必要です。

なるべくでしたら乗らないようにしてあげたほうが良いかもしれません。

この気圧の変化が1番大きいのは離陸直前と着陸直前です。

大人は自分で耳抜きや唾を飲み込むなど対処ができますが
赤ちゃんは自分で耳抜きをすることができません。

そこで

☑授乳や飲みものを飲ませたり
☑おしゃぶりをしてあげること

が耳抜きのかわりになるのです!

つまりタイミング的には離陸直前と着陸直前がよいと言えるでしょう。
離陸時に備えて、哺乳瓶やおしゃぶりを
すぐだせるところに用意しておきましょう!

機内でも、お願いすればお湯や湯冷ましを用意してくれるので心配ありません。
必要なときは早めに声をかけておくと良いと思います。

耳抜き方法をいくつかご紹介しますねヾ(*´∀`*)ノ

💡授乳する
💡ミルクをのませる
💡ジュース、お湯、お茶をのませる
💡おやつをあげる
💡おしゃぶりをさせる

ですね。

やっぱり1番いいのは寝てくれることですよね^ ^
お母さんもゆっくりできます。

飛行機に乗る前はお昼寝はさせず、
とにかく疲れさせて飛行機で寝かしつけるというお母さんも多いみたいですね!

飛行機で授乳するには通路側がいいって本当?授乳ケープは?

機内での座席は通路側が便利です。
何かあったとき、移動しやすいですし
キャビンアテンダントの方にも声をかけやすいです。

授乳はケープはあるととても便利です。

ですが、座席でする場合
もし隣の席が男性だったりして抵抗がありますよね。

お隣の方も逆に気を使ってしまいます。
その時は遠慮なくキャビンアテンダントの方に相談してみて下さい。

ちゃんと、考慮して対応してくれます。

おわりに

赤ちゃんよりお母さんの方が緊張してしまいますよね!
何かあっても他の乗り物と違って、飛行機は簡単に降りることはできないですもんね^^;

でも、あまり焦らないで下さい。
意外と大丈夫だったりします☆

お母さんの気持ちは赤ちゃんにうつってしまいますので、
まずはお母さんが落ちついて、なんとかなる!
という気持ちでどんと構えているくらいの方がいいですよ^ ^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする