足裏のタコの場所とその原因!取り方と対策。できてしまっても 大丈夫!

スポンサードリンク

足裏にできるタコ。
見えにくい部分とはいえ、繰り返しできたりすると気になりますよね!

できる場所によっても原因が違うって知ってますか?
ちゃんとした原因を見つけて正しい対策をしましょう!

足裏のタコの場所とその原因!できたタコへの対策はこれがおすすめ!

まず、できた場所とその原因についてお伝えしますねヾ(*´∀`*)ノ

◆足の中央や小指の外側にできるタコ
⇒い「開張足」の方。

開張足とは、通常アーチ型になっている足の形が崩れて、
横に広がった状態なることです。

そのため、中央部は少しへこんだ状態であるのに
そこが地べたにつき、負担がかかってしまいます。

◆小指や親指の付け根にできるタコ
O脚の方。歩き方に癖がある方。

◆親指の外側にできるタコ
⇒女性に多い外反母趾の方。

◆かかとにできるタコ
⇒乾燥や靴にかかとが当たってすれている。

◆指の間にできるタコ
⇒靴が足にあっていない。

できてしまったタコへの対策をいくつかご紹介しますねヾ(*´∀`*)ノ

☑靴に中敷を敷いて負担がかからないようにする。
☑裸足で靴をはかない
☑底の薄い靴を避ける

という基本的な事がとっても大事ですね!

そしてその上で

☑自分の足にあった靴を選ぶ。
ハイヒールなどはつま先にばかり負担がかかってしまうので、
長時間履くのはできるだけ避けたいですね。

☑冷やさない。
足が冷えると刺激を感じやすくなってしまい
皮膚がそれを守ろうとして分厚くなってしまいます。

☑乾燥させない。
やはり乾燥すると皮膚が硬くなってしまうので
保護パックやクリームでしっかり保湿しましょう。

☑角質をためない。
角質を落としてあげましょう。
クリームなどをぬって皮膚を柔らかくしてあげることで
角質は落ちやすくなります!

足裏のタコの取り方。痛くない方法でキレイにしよう。

お風呂あがりなどにヤスリやブラシを使ってみるのがおすすめです!
専用のカッターもあるようなので、購入してみるのもいいかもしれません。

他にもエステサロンでタコをとってくれるところもあるようです!

また、タコが取れるまで痛くて歩くのが大変><
という時は、専用のサポーターなどを活用するのもおすすめですよ~ヾ(*´∀`*)ノ

おわりに

タコは負担がかかるところを守ろうとして
皮膚が分厚くなりできてしまいます。体ってすごいですよね!

なかなから治らなかったり、症状がひどい場合は
自己判断でやるより、病院に行って処置してもらうのが1番安心かもしれませんね。

そして、皮膚科だけでなく歩き方や骨の形、
腰のゆがみが原因で負担がかかってしまうのであれば
整形外科への受診もよいかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする