お宮参りの初穂料の渡し方は? いくら包んでいつ渡すの?

スポンサードリンク

まずはご出産おめでとうございます!
赤ちゃんかわいいですよね^ ^

お宮参りとは生後1カ月頃に神社に
赤ちゃんが生まれた報告を兼ねて、
健やかに成長できるようお祈りする行事です。

これからお宮参りをされるのに、
知っておきたい初穂料のお話をしたいと思います。

お宮参りの初穂料の渡し方は?いくら包むのが正解?

初穂料とは
神社に対してお祈りの祝詞のお礼として納めるお金
のことです。

初穂料の目安は五千円から一万円というところが多いようです。
金額によっては記念品をくれる神社もあるようですよ!

また、神社によって、金額が設定されているところもあるので
予約を取る時についでに確認しておくのがいいかもしれません。

このように、金額が設定されていれば迷うことはありませんが
神社に納めるお金は「皆さんのお気持ちで金額は決めて下さい」
というスタンスなので設定がない場合は迷いますよね。

もし、父母と両家御両親、親戚と大人数で行く場合は
少し多めに納めるといいかもしれません。

こういう行事は高い金額を
と考える祖父母の方もいらっしゃるかもしれないので
家族で話し合って決めておくことが大事ですね!

ちなみに私は、旦那さんと私と私の父の3人で行きましたが金額は五千円にしました!
五千円でしたが、記念品としてお箸とお札とお守りと御神酒をいただきましたよ!

お宮参りの初穂料はいつ渡す?

初穂料は当日、神社で受付する際にお支払いします。

慌てないように事前に準備しておくといいですね!
誰が払うかや誰が渡すかに決まりはないようです。

祝い品、会食代、アルバム代などを御両親が負担してくれる場合は
自分達でだすようにするといいかもしれません。

その辺に関しては、それぞれのご家庭でやり方があると思うので
みんなで相談して、家族みんなが納得できる方法をとって下さい。

せっかくの我が子のお祝いにお金のことでもめたくないですもんね。

また余談なのですが、
私は初穂料と写真代は我が家で出しました!

最後に写真を撮ってくれたのですが、送料も込みで1,200円程でしたので^ ^
赤ちゃんも私服で行ったのですが掛け着を貸してくれました!
特にその後の会食もしないで、お茶だけして帰ってきました☆

おわりに

出産後、初めての我が子の行事!
素敵な日ですね^_^

お母さんも外や人前にでるのは久しぶりという方もいらっしゃるのでは?
当日は晴れてくれますように…

気持ちよくお参りができるといいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする