厚木鮎まつり花火大会の穴場スポットや おすすめ過ごし方など地元民がご紹介!

スポンサードリンク

あつぎ鮎まつり大花火大会は神奈川県の厚木市で行われ
毎年鮎まつりのメインイベントでもあり地元では人気の花火大会です。

花火打ち上げ数も1万発と見応えも抜群の
あつぎ鮎まつり大花火大会について、地元民のわたしがお伝えする

☑あつぎ鮎まつり大花火大会2018詳細
☑穴場スポット
☑おすすめの過ごし方

などについてお伝えしますヾ(*´∀`*)ノ

厚木鮎まつり大花火大会2018時間や場所、見どころ

毎年8月の第1週土曜日に行われるあつぎ鮎まつり大花火大会。
2018年の詳細をお伝えしますね!

あつぎ鮎まつり大花火大会2018
日程:2018年8月4日
※小雨決行(荒天時5日に延期)
時間:19:00~20:30
場所:相模川・中津川・小鮎川の三川合流付近

相模川・中津川・小鮎川の三川合流付近

こちらが打ち上げ場所なので視界が開けていて見ごたえ満点!!

なんといっても見どころは

相模川を横断する大迫力のナイアガラ
スターマイン、大玉の打ち上げ!

です^^

厚木鮎まつり大花火大会の穴場スポット3選!

神奈川県内でも最大級の打ち上げ数を誇る花火大会ですから
やはり、ベストポジションで見たいですよね。

何か所かおすすめスポット
(私が好きな場所)をご紹介いたしますので
参考までに・・・

①厚木中央公園


厚木中央公園では、昼間は鮎まつり関連のイベントが開催されています。
ここからでも花火はキレイに花火を見ることができます。

本厚木駅を使うと徒歩5分以内ととても便利です。
屋台も出ていますし芝生もあり、
公園ですのでトイレの心配もないので
子供連れでも安心して花火を楽しむことができます。

②相模三川公園

川の合流地点周辺にある公園です。

ここはアクセスするために海老名市から行かなくてはならないので
厚木市方面からはすぐ近くに橋がなくアクセスできないので穴場スポットとなっています。

厚木側からアクセスする場合は、国道246号線に
アクセスしてから行くことになります。

この公園にも芝生エあるので、場所取りもしやすく人気です。
こちらも公園ですのでトイレの心配もありません。

③相模川の海老名市側河川敷エリア

海老名市側の河川敷もなかなか穴場スポットであります。
メイン会場の対岸となっているのでイベントも行われないので比較的すいています。

夕方から場所取りしても間に合うので早くからいけない時にはおすすめです。

厚木鮎まつり大花火大会への打ち上げ場所とアクセス方法、屋台情報

小田急小田原線本厚木駅より徒歩約10分
JR相模線の厚木駅から徒歩約15分の河川敷
が開催場所となります。

会場に駐車場はなく近隣の施設の有料駐車場も使用できますが
正直大変混雑しますので、電車で会場入りするのがおすすめです。

打ち上げ場所の会場まで屋台がずら~と並び
まさにお祭り気分満載です。

とは言え、かなり混雑しますので
会場には昼頃から入ってお祭り気分を満喫しつつ
屋台で腹ごしらえし花火の打ち上げの時を待つのが
私的には大好きな時間であります。

厚木鮎まつり大花火大会の有料席情報

あつぎ鮎まつり大花火大会では
エキサイティングシートと呼ばれる有料席があり
ゆっくりと花火を見ることができます。

例年7月初旬に情報配信&販売が開始されています。
※今年の情報は決まり次第追記しますね!

参考までに昨年の場合だと

エキサイティングシート:1席 2,500円
協賛席:10,000円(3席)
ペアシート:6,000円(定員2名)
ファミリーシート:10,000円(定員4名)

となっていました。

おわりに

私の地元の「あつぎ鮎まつり大花火大会」

子供が小さいころはもっぱら芝生のある場所から見ていましたが
最近はやはり混雑しても河川敷近くで夏の花火を楽しむほうが好きですね。

帰りもやはり混雑していますがあちらこちらに浴衣姿のかわいらしい女の子たちを見ると
あ~夏だな〜と疲れてはいてもほんわり気分良く帰路に着きます。

夏の風物詩の花火大会!
屋台もたくさんあり川に映る花火がまたなんとも格別!

お近くのお越しの際にはぜひ一度、相模川に移る美しい花火を見に来てください!!

スポンサードリンク