甘酒は生麹と乾燥麹で違う?作り方は?ヨーグルティアっていいの?

スポンサードリンク

米麹から作る甘酒が健康と美容にとってもいいすごい人気ですよね。

そしていざ作ろうと思って麹を買いに行くと・・・

米麹って「生」と「乾燥」があるんですよね。

今まで麹というものを買ったことがない人は特に

☑甘酒を作るにはどっちを使えばいいんだ???
☑そして、その2つの違いってなに?

ってなりますよね(;´Д`)

そこで止まって進めなくなる前に、ここでしっかりチェックしておきましょ~^^

甘酒は生麹と乾燥麹で違うの?使うならどっち?

生麹と乾燥麹の違いですが、単純に乾燥しているかいないかの違いです。

つまり、出来上がった麹そのままの状態のものを生麹と言い、それを乾燥させたものを乾燥麹と言います。

なぜ2種類あるかというと、保存性の違いです。
乾燥麹は、当然取り扱い(主に保存性)しやすく、スーパーでもよく見かけますよね。

ある程度の期間なら常温保存も可能なものもあります。

一方、生麹は日持ちがしないため、購入したらすぐに使うかすぐに冷凍するかという感じですね。
※冷凍も長くて1カ月程度がおすすめです。

なので生か乾燥かによって、利用用途が変わるという事はありません。

つまり、甘酒を作るときに使う麹は、乾燥でも生でもどちらでもOKです。

ちなみに「生麹を使ったほうが風味や香りがいい」という話を聞いたことがあって、実際試したことがあるけど、私的にはよくわかりませんでした(笑)

なので、わたしは普段「乾燥麹」を使っていますよ♪

もっというなら、生か乾燥かというよりも「どの麹を使うか」の方が重要視したほうがいいかなと思います。

というのも、麹によって味や風味がかなり違うからです。
値段の高い安いというよりも、好みの問題もあるので、色んな麹を試して作ってみるのもおすすめですよ。

ちなみに私は、めんどくさいので普通にスーパーなどで買える乾燥麹を使っていますが、なんの問題もなくおいしくいただいています^^

米麹で甘酒の作り方~麹菌が生きる生甘酒おかゆなしバージョン~

甘酒って基本、おかゆを入れるんですよね。
でもわたしは、めんどくさいのでおかゆを入れないで作っています。

だって、甘酒を作る前におかゆを作らないとなんて手間がかかるんだもん・・・・(;´・ω・)

これは「はやつくり」と言われ、おかゆを入れないバージョンの方が甘酒のパワーが強いんですよ!

「はやつくり」には麹の質が求められたりもするけど、わたしがいつも買っているスーパーの乾燥米麹でも十分おいしく出来上がるので安心してくださいね^^
(わたしはスーパーで300g400円弱の乾燥麹ではやつくりをしています)

さらに言うと、麹は60度位が麹菌が一番活発になりおいしく甘く出来上がると言われています。

そして、70度を超えると麹菌が死滅し、せっかくの甘酒パワーがなくなってしまいます。
さらに酸味が出て飲みにくくなってしまいます。

逆に温度が下がると発酵が進まなくなり、甘みが少なくて粒も固くなってしまうんです。

甘くておいしい甘酒を作るには温度管理はとっても重要です。

ということで、まずはわたしの「甘酒」の作り方を紹介しますね^^

米麹で甘酒を作る~おかゆなし麹菌が生きている生甘酒の作り方~

【材料】

・米麹・・・・300g
・水・・・・・生麹の場合:300cc/乾燥麹の場合:600cc

※麹と水の割合は、乾燥の場合は1:2で生の場合は1:1です。

【作り方】

1.分量の水を65度まで上げます。

2.65度になったら火を止めて、麹を入れます。
※麹は固まっていたらバラバラにしてから入れてください。

3.このまま約8時間保温して出来上がりです。

作り方自体はとっても簡単ですよね♪

保温する際は、炊飯器や魔法瓶、保温ポットを使います。

炊飯器を使う場合、蓋を閉めてしまうと温度が上がり過ぎて麹菌が死滅してしまうので蓋を開けっ放しにして上にフキンなどを被せてください。

保温ポットや魔法瓶は、どうしても温度が下がりやすいです。

なので多少手間はかかりますが、4時間おきくらいに温度を計って、60度を下回っていたら再度加熱し、60度程度に上げてからまた魔法瓶などに入れ直すなどの対応が必要になります。

出来上がった甘酒は、冷蔵庫で1週間、冷凍庫で3ヶ月~半年くらいを目安に使い切りましょう。

甘酒は熱には弱いけど、冷やすのは大丈夫なので、長期保存の場合は冷凍がおすすめです。

スポンサードリンク

米麹の甘酒はヨーグルティアで作ると超らくちん?!

温度管理が命の甘酒作り。

たまに作るならいいけど、体にいいし、日々取り入れて行くとなると作る頻度も増えてそれでは大変です(-_-;)

確かに炊飯器や魔法瓶でもいいんだけど、もっと手軽に簡単に作るには「ヨーグルトメーカー」がおすすめです。

もちろんわたしもヨーグルトメーカーを使っています。
わたしが使っているのはこちら
↓ ↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】TANICA 甘酒&ヨーグルトメーカー(1.2L) ヨーグルティアS…
価格:10800円(税込、送料無料) (2017/10/22時点)

最初はわたしも、魔法瓶で作っていたんだけど、温度管理がとにかくめんどくさくて(;´Д`)

噂に聞いていたヨーグルトメーカーを試しに購入して使ってみたら・・・(@ ̄□ ̄@;)!!

らくちんすぎてびっくりです(;´Д`)

夜寝る前に水と麹を入れてスイッチ入れたら朝には出来上がっているんですよ(*´艸`*)

温度設定と時間設定ができるのでセットさえ間違えなければ失敗もありません♪

そして、ヨーグルトメーカーなんで、甘酒以外にヨーグルトが作れるのはもちろん、塩麹や醤油麹、お味噌や納豆も作れちゃう優れものなんですヾ(*´∀`*)ノ

もし今後、定期的に甘酒を作ろうかな。と思っているならこういうアイテムを活用するのはおすすめです。

おわりに

麹選びは、迷いだしたらきりがありません。

甘酒を作るうえで、乾燥でも生でもどちらでも作れるので、まずは身近なところで買えるものを使って作ってみてくださいね^^

そこから色々試してみるのがおすすめですよ♪

美容と健康のために、甘酒生活スタートさせてくださいね~(*´▽`*)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする