こたつとホットカーペットで暖かいのは?電気代と効果的な使い方!

スポンサードリンク

冬の暖房アイテム。
こたつを普通に使うのと、ホットカーペットを敷いてこたつに電源を入れないで使うのとどちらが暖かいのか考えたことないですか?

そしてさらに気になるのが電気代。
どうせならより安くて電気代が安いほうがいいですよね♪

6畳程度のフローリングのお部屋で使う場合、どちらが暖かいのか。

東北地方住み、両方のパターンで試したわたしが、経験を踏まえてお伝えします☆

こたつとホットカーペットで暖かいのはどっち?!

こたつとホットカーペットってそれぞれ利点が違いますよね。

例えばコタツならコタツの中にすっぽり入っちゃえばすごく暖かい。
でもコタツに入っていない部分は寒い(冷たい)。

逆にホットカーペットは空気中はなんとなくほんわか暖かくもなる。
けど、すごく暖かいって感じは全体的にない。

こうしてみると、どちらも一長一短ですよね。

でも、上記の使い方なら、東北住みのわたしなら断然「こたつ」を選びますね。

だってホットカーペットは、そこに触れている部分しか暖かくないんだもん・・・

じゃぁ

◆電気を入れないこたつ×ホットカーペット
◆こたつのみ

とした場合、こちらも断然「こたつのみ」の方が暖かいです。

もちろん、ホットカーペット×電気を入れないこたつもあたたかくないわけじゃないんですよ。

でもやっぱり普通にコタツとして使った方が暖かいかなと思います。

昔、冬にこたつが壊れて使えなくなったときに「下に敷いていたホットカーペットの電源をいれればコタツと同じになるんじゃないか?!」
と思ってやったことがあるんですよね。

つまり、あたたかさの出所が上からか下からかの違いだけならホットカーペットでもいけるんじゃないか?って思ったんです。

でも、やっぱりこたつの暖かさにはかないませんでした(;´∀`)

とは言え、あくまでこれはわたしの経験上の感想なので参考程度にどうぞ♪

そしてもう1ついうと。
今回のはあくまで2パターンを比べた場合。
という事なので、もちろん、ほかの暖房器具も使わなきゃ、こちらは過ごせないですよ(笑)

部屋全体を暖めるメインの暖房器具(エアコンやストーブ)を使いつつ。
という事になります。

こたつとホットカーペットの電気代、どっちが安い?

暖かさももちろんだけど、現実的に一番気になるのは電気代ですよね。

すごく暖かくても電気代がバカ高いなら困るし、逆に電気代が超安いけど全然暖かくない。
というか寒い。というならそれも困る。

もちろん、メーカーや機種によって違いがあるので一概には言えないけど

こたつ⇒2~3人用の長方形タイプ
ホットカーペット⇒2畳用

という設定で比較してみようと思います。
注)1日は6時間、1ヶ月は6時間×30日で計算します。

こたつ(弱) こたつ(強) ホットカーペット(中) ホットカーペット(強)
1時間 2.2円 5.1円 5.1円 7.3円
1日 13.2円 30.6円 30.6円 43.8円
1ヶ月 396円 918円 918円 1314円
     

こたつ(弱)とホットカーペット(強)では結構変わってきますね~

使用時間なども状況によって変わってくるので、あくまで参考数値として見ていただければと思います^^

スポンサードリンク

ホットカーペットの効果的な使い方

私的にはコタツの方が好きというのもあり、断然コタツ派なんだけど。

お部屋の広さ的に、こたつを置くとかなり狭くなる・・・

という場合もありますよね。

そんな時におすすめの方法としては、ホットカーペットを敷く前の準備をしっかりする
というところかなと思いますヾ(*´∀`*)ノ

例えばお部屋がフローリングだった場合。
そのまま敷くと、熱が逃げやすくなってしまい効率が悪いです。

なのでまずフローリングの上にダンボールを敷いて保温性を上げていきます。
ダンボールは断熱効果が高く、1枚敷くだけで熱が逃げにくくなるのでおすすめですヾ(*´∀`*)ノ

さらにその段ボールの上に銀色の断熱シートを敷きます。
※100ショップなどで売っているものでもOKです。

で、ようやくホットカーペットの出番です。

要は、ホットカーペットを敷く前に、断熱材代わりの段ボールなどを敷いて、フローリングのひんやり感をシャットダウンするって事です。

この状態でカーペットに座って足に直接毛布やひざ掛けなどをかければ、かなりホカホカです♡

こたつの中のような「空間」を暖めるのにカーペットは不向きだけど、密着している部分はすごく暖かいので、効果的に使いたいなと言う時にはおすすめの使い方ですよ♪

おわりに

どちらも一長一短ありますが、わたしはやっぱりコタツが大好きです(笑)

暖かさ、電気代、状況などに合わせて、自分のライフスタイルにピッタリの方法を見つけてみてくださいね^^

スポンサードリンク