鼻づまり解消で薬以外なら?脇にペットボトルのやり方と寝るときの対策

スポンサードリンク

鼻づまりって一度なるとしばらく治らなくてイライラしませんか?

わたしの場合、季節の変わり目や風邪の時、花粉の時期など結構鼻づまりに悩まされます。

あまり経験のない人から見れば「たかが鼻づまりでしょ」とお思いかもしれないけど、鼻がつまっているだけで意識はそこにいっちゃうし、寝るときになったものならなかなか寝付けないしで精神的にも結構なダメージなんですよね(;´Д`)

「すぐにでも何とかしたい!」と心から思っていても、あまり薬は使いたくない。

そんな時におすすめの、わたしが試してよかった方法をいくつかご紹介しますね!

鼻づまりの解消 薬以外の方法はこれ

鼻づまりの解消法ってテレビなどでも紹介されていて、色んな方法がありますよね~。

たぶんわたし、見る度に試してきたと思います(笑)

でも鼻づまりってそのくらいつらいというかイライラするんですよね(;´Д`)

で、わたしが試した中で「これは良かった!」というものを4つご紹介しますね♪

1.くしゃみをする
2.鼻を温める
3.息止め運動
4.ペットボトル

それぞれの詳細についてですが

1のくしゃみは、わたしは「こより」を作って無理やりくしゃみしてました(笑)
そうすると逆に鼻水が出るので鼻づまりが解消します。

まぁでもこれの場合、はくしょんはくしょんうるさいし、なにせこよりを作ってこちょこちょするので、1人の時限定の対処法かな(笑)

2の鼻をあたためるという方法。
これはつまっていそうな場所をなんでもいいので温めます。

外出中や冬なら「ホッカイロ」、家にいるなら「蒸しタオル」
方法は何でもいいので、あたためていきます。

蒸しタオルの場合、冷めたらまたあたためてつけなおすという感じで繰り返して行います。

これは、内科医も推奨しているやり方だそうで、結構いい感じでしたよ~(*´▽`*)

そして3の息止め運動。
わたしが勝手に命名しました(笑)

やり方は簡単です。

息を大きく吸い込みその後ゆっくりと吐き出します。
全部吐き出したら鼻をつまみます。
鼻をつまみながら息が苦しくなるまで頭を上下に動かします。
※上を見て2秒止まり、下をみて2秒止まるという動きがベストです。

頭を上下させるときは、できるだけゆっくり行うといいですよ♪
鼻づまりの度合いによって、1回でいい時と、何回か繰り返し行う時と色々でした。

そして4のペットボトル。
これが私的に一番良かったので詳しくお話したいと思いますヾ(*´∀`*)ノ

鼻づまりは脇にペットボトルで解消!

はいヾ(*´∀`*)ノ
わたしの「鼻づまり解消法第1位」脇にペットボトルのやり方をご紹介します♪

やり方といっても簡単すぎてビックリなんですが(笑)

中身の入った500mlのペットボトルを、つまっている鼻と逆の脇に挟む

たったそれだけです・・・(;´∀`)

こうすることにより、反対側の交感神経が刺激されるので発汗が促され、結果血管が刺激されて鼻づまりが楽になるという事です。

これは、耳鼻科のお医者さんも推奨しているという事でしたよ♪

ペットボトルの中身は何でもOKです。

もしペットボトルがない場合は脇を刺激できるような「硬めのボール」だったり「椅子の背もたれ」とかでも大丈夫ですよ~

スポンサードリンク

寝るときの鼻づまり対策にはこれがおすすめ

いざ布団に入って寝ようとしたときに鼻がつまると、眠れなくて最高にイライラしますよね(;´Д`)

そんな時は、寝るときならではの対策をしましょ~

先ほどご紹介した運動とかもいいけど、寝る前なのであの中でいうなら「鼻をあたためる」というのが一番ですね^^

で、それ以外におすすめする方法としては「首のうしろをあたためる」です。

寝るときは温めるのが心地よくて最高ですヾ(*´∀`*)ノ

蒸しタオルやホッカイロでもいいんだけど、周りが濡れたり熱すぎたりするのでわたしは「あずきカイロ」が使い勝手が良かったです♪

レンジで20秒前後温めるだけで使えるので、手間もありませんよ♪

おわりに

鼻づまりの対処法って色々あるけど、自分に合う方法を知っておくとすごくいいですよね^^

ぜひご紹介した方法を試してみてあなたに合う方法が見つかればいいな♪
と思いますヾ(*´∀`*)ノ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする