歯の食いしばりの改善方法!マウスピースはどうなの?日中はどうする?

スポンサードリンク

先日、虫歯で歯医者さんに行った時先生に言われた「歯ぎしり、結構しますよね」という言葉。

確かに寝ている時、歯ぎしりすると言われたことあって気になってはいたんです。

なんでも私の歯は歯ぎしりの影響で、山が少なくなっているんだとか。

まぁその時はあまり深く考えずに帰ってきたんですが、ふとした時起きている時でも「グゥゥゥ」って歯を食いしばっていたんです。

何かを頑張っている時でもなく、本当に普通にしている時です。

それから少し意識したらやっぱり普段の生活で何気なく歯を食いしばっていることがわかりました(;´∀`)

歯の食いしばりで様々な体の不調が引き起こされる・・・というのを知って「これは改善しないと!」という事で行っている方法をご紹介しますね!

歯の食いしばりの改善方法!

歯の食いしばりは、日常生活の中でもできる改善方法がいくつかあります。

代表的なものをいくつかご紹介しますね。

1.マウスピースなどを活用する
2.意識をする
3.寝る姿勢を変える
4.頬杖をやめる
5.顔やあごの筋肉の緊張をほぐす

中でもメジャーなのが「マウスピース」の活用ですよね。

2に関しては、まず自分の中で「歯の食いしばりをやめる!」という意識を持つという事です。
今まで無意識で行っていた食いしばりなので、意識して「食いしばりはしないぞ!」と思うだけで、ずいぶん違ってきます。

嘘だと思うかもですが、これは一度試してみて欲しい方法の1つです^^

3、4の寝る姿勢と頬杖ですが、上向きで寝ると力が入りづらく食いしばりをしにくくなると言われています。
頬杖は顎に圧力がかかってしまいバランスが悪くなって、それが食いしばりを引き起こす可能性があるので、意識してやらないようにしましょう。

5の筋肉の緊張をほぐす。ですが、緊張状態が続くと顎の周辺の筋肉が硬直しやすくなります。
そうなると、コリや血行不良を引き起こし食いしばりをしながら無意識に体を調整をしようとします。

なので、集中して何かをやっている時などは、意識してストレッチなどで緊張をほぐしてあげることが大事です。

歯の食いしばりにマウスピースが有効 値段は?

やっぱりメジャーなのが「マウスピース」ですよね。
気になっている人も多いと思うので、ちょっとご紹介しますね。

マウスピースを購入するには2つの方法があって

☑市販のものを購入
☑歯医者さんで自分に合ったものを作成

のどちらかになります。

市販の物はピンキリですが1000円~ありますのでお手軽です。

ただ、自分に合うものはなかなかないかもですし、完全にピッタリくるものを見つけるのは難しいです。

なので、食いしばりの改善としてマウスピースを検討しているなら、やっぱり歯医者さんに行って自分の口に合ったものを作成してもらう事を強くおすすめします。

マウスピースの作成ともなると、結構高いイメージがあるかもしれないけどそうでもないんですよ~。

保険が適用になるので、5000円~8000円位

で作成してくれます。
※歯医者さんによって変わってきますので確認してみてください。

型をとって作成するので、完成まで数週間かかりますので、検討している人は早めに歯医者さんに相談するといいですよ^^

スポンサードリンク

歯の食いしばり 日中の対策は?

マウスピースを作れば夜はなんとかなりますよね。
でも、日中マウスピースをつけているわけにはいきません。

となると、日中はどうやって対策をしていけばいいの?って思いますよね。

日中の対策としてはズバリ「意識すること」です。

歯の食いしばりは、習慣行動の1つでもあるため「歯を食いしばらない」という意識をすることが一番の対策になります。

なかなか治らないからと言って、日中にもマウスピースをすることは避けてくださいね。
かみ合わせが変わってしまう可能性があります。

おわりに

食いしばりの改善は、すぐに効果が出るとは限りません。
でも継続していくことにより改善されていくのでがんばって続けていきましょうね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする