赤ちゃんの寒さ対策の部屋作り!加湿器は必要?寝る時はどうする?

スポンサードリンク

赤ちゃんのいる家庭で寒くなると気になるのが
寒さ対策の部屋作りではないでしょうか?

赤ちゃんは自分で体温調節ができないので
寒いとすぐに風邪をひいてしまいます。

かといって温めすぎる汗をかいてしまい、それもまた逆効果。
寒すぎるのもダメですし、温かくしすぎるのもダメです。

そうなると赤ちゃんの寒さ対策の部屋作りはどうすればいいのでしょうか?
ここでは寒くなる前に赤ちゃんの過ごしやすい部屋作りをするための、
アイデアを紹介したいと思いますので参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの寒さ対策の部屋作り!暖房器具はどれがいい?ホットカーペットは?


赤ちゃんの寒さ対策の部屋作りですが
こたつを布団のように赤ちゃんにかけてはいけません。

足元だけこたつに入れる程度なら問題はありませんが
肩までかぶってしまうと赤ちゃんには暑すぎますので
脱水症状を起こし命に関わる事態になりかねません。

赤ちゃんがいる部屋ではエアコンをつけてあげると1番安心です。

しかし、暑すぎるといけないので

設定温度は20度から22度くらい

が良いです。

もともと体温が37度くらいなので
大人よりは少し寒いくらいがちょうどいいです。

しかし、中には我が子のような異常な寒がりの子もいます。
赤ちゃんが寒いと感じている時は足が冷たくなっています。

足を触ってみて温かく感じるのであれば、部屋の温度は適温です。
ホットカーペットを使用してみようと思っている方は
私個人の意見としては赤ちゃんにホットカーペットは使用しない方がいいと思います。

赤ちゃんは寝ている間、ずっと背中を下にしています。
そして1日に何時間も寝ています。

そうすると、低温火傷になってしまう可能性があります。
赤ちゃんは背中が暑くなっていても暑いということができません。
このことから、私はあまりおすすめしません。

スポンサードリンク

部屋の寒さ対策中は加湿器も使うべき?

赤ちゃんの寒さ対策の部屋作りに1番適しているのはエアコンと言いましたが、
エアコンを使う際に加湿器は使うようにしましょう。

赤ちゃんに1番最適な湿度は60%と言われていますので、
湿度計を置くまで神経質にならなくていいですけどね^^

空気が乾燥すれば、赤ちゃんの体にも良くありません。
風邪予防にもなります。

我が家にも置いてあります。
そのおかげで、ここ何年もインフルエンザにかかっていません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック Panasonic 「ナノイー」加湿空気清浄機 F-VX40H3 …
価格:21080円(税込、送料無料) (2018/12/1時点)

赤ちゃんの寒さ対策で寝る時はここに気を付けよう!


赤ちゃんの寒さ対策で必要なのは

エアコンをつけっぱなしにせずにタイマーでちゃんと切れるようにする

ことです。

1時間から2時間程度でエアコンが切れるように設定することで、
暑すぎて汗をかくこともないので風邪もひきません。

他にはお母さんの隣で寝かせる方がほとんどかと思いますが、
お母さんと同じ掛け布団で寝かせることはあまりよくありません。

赤ちゃんは赤ちゃん用の掛け布団で、
赤ちゃん用の毛布を掛けて寝かせるようにしましょう。

このことにより、赤ちゃんの窒息事故も起きません。
寒くて風邪をひかしてしまう事も良くありませんが
過剰に温めすぎるのも良くありませんので
エアコンはタイマーをかけることを徹底してくださいね。

まとめ

これからもっと寒くなっていくので赤ちゃんには過ごしにくい季節ですね。
大人でも寒いと眠れないことがあるのに寒さに敏感な赤ちゃんは、
もっと寝にくいと思います。

赤ちゃんは寝ることが仕事と言われているので、
過ごしやすく、ぐっすりと眠れる環境を作ってあげたいですね。

スポンサードリンク