子供が靴擦れをしてかかとが痛い!対策は?薬は何がいい?

スポンサードリンク

子どもの足のトラブルで多い靴擦れ。
履きなれた靴を履いているはずなのに
かかとが痛いと言い出したことはありませんか?

靴擦れは新しい靴で起こるものと思っていませんか?
実は履きなれている靴でもあり得るのです。

走り回りたい子供にとっては靴擦れはとてもかわいそうです。
そんなかかとの靴擦れを早く治すための情報を書いていきたいと思います。

子供の靴擦れでかかとが痛い!突然痛くなることってあるの?


幼稚園や学校などで、
「遠足の時に新しい靴を履いてこないでください。靴擦れの原因となります。」
とよく聞きませんか?

これを聞くと新しい靴だけが靴擦れを起こすと思いますよね。
でもそんなことはなく、実は毎日履いている靴でも靴擦れを起こすのです。

履きなれた靴で靴擦れを起こす原因としては

☑その日、足がむくんでいる
☑靴の中に毛玉ができている

と言う事が考えられます。

長時間歩いたりすることで

😖むくんだ足が擦れたり、
😖長時間毛玉が擦れたりする

と痛くなります。

人間は、前の日に塩分を取りすぎると体がむくみますよね。
子どもももちろんそうなので、塩分を少し取りすぎるとすぐにむくみます。

顔を見ればすぐにむくんでいることが分かります。

そんな時は靴擦れを起こすかもしれませんので、
対処をしてあげましょう。

毛玉に関する靴擦れは、定期的に靴の中をチェックしてあげてください。

子供の靴擦れへの対策は?靴擦れしにくくなる方法を伝授します!

靴擦れはできてからではとても痛くて
子供が元気に走り回ることができません。

子供が痛い思いをする前に
靴擦れ対策をしておくことをオススメします。

その靴擦れ対策というのは、
靴擦れ専用絆創膏を貼るということです。

あまり聞きなれないかもしれませんが
普通にドラックストアに売っていますよ♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

靴ずれ専用絆創膏(8枚入)
価格:308円(税込、送料別) (2018/11/20時点)

また、100円ショップでも売っているところがあります。

靴擦れ専用の絆創膏なので

普通のケガ用でははずれてしまうかかとなどにも綺麗に貼ることもできます

し、すぐにはずれたりしません。

他には、靴を柔らかくするスプレーというものも売っています。

これは靴屋さんなどでしか購入することができませんが、
少し靴が固いなと感じる時、サッとスプレーするだけで、靴が柔らかくなり、
靴との摩擦が減ります。

お子さんのためにも、これらを試してみてください。

スポンサードリンク

子供の靴擦れにつける薬でおすすめをご紹介


靴擦れに注意をしていても、なってしまったときは、
薬を塗って保護してあげなければなりません。

靴擦れを治す時に使うと良い薬はどんなものがあるのか紹介していきます。

キズパワーパッド

みなさんお馴染みのBAND-AIDから出ている強力絆創膏です。

子供が靴擦れを起こしたとき、これを使いましたが、
本当に絆創膏?と思うくらいしっとりとした絆創膏です。

靴擦れは湿らせて治すと良いといわれているので
これが1番適しています。

オロナイン

キズの万能薬として、お爺ちゃんお祖母ちゃんの世代から愛されていると思います。
私も小さい頃はよくお祖母ちゃんにオロナインを塗ってもらいました。
家に常備している方も多いのではないでしょうか?

ワセリン

保湿といえばワセリンですね。
寒くなり乾燥しだすとワセリンは色々なところで役立ちます。

我が家にも常備してあります。
先ほども言いましたが、靴擦れは保湿で治します。

ワセリンは皮膚科でもすぐもらえますし、
薬局でも「白色ワセリン」という名前で売られています。

大きい容器のものもありますので
手荒れやひび割れ、唇のカサカサにも効果ありなので、
こちちらを買っておいてもいいと思います。

馬油

こちらも保湿効果抜群の馬油です。
薬ではなく自然の脂なので薬を使いたくない方は
こちらを使うのがいいかと思います。

馬油も薬局で売られていますので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソンバーユ 無香料(70mL)【ソンバーユ】
価格:1293円(税込、送料別) (2018/11/20時点)

まとめ

子供の靴擦れは本当にかわいそうですよね。
大人でも激痛に耐えられず、歩くのが嫌になるくらいです。

子供の泣く姿か本当に胸が痛くなります。
靴擦れは防ぐことができますので、今回紹介した方法で色々お試しくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする