コストコのロティサリーチキンをクリスマスに食べる!温め方は?切り方はどうする?

おいしいもの
スポンサードリンク

年に1度のクリスマスくらいは
豪華なチキンを食べたいですよね!

そんな時コストコのロティサリーチキンなら
見た目も豪華で、しかもお値段もお手軽!

テーブルを華やかにする一品として
もってこいの食べ物です♪

このコストコのロティサリーチキンを求めて
多くの方がコストコに足を運びます。

多くの人が買いに行きますので
手に入らないなんてことも十分にありえます。

せっかくのクリスマスですから手に入れたいですよね。

ここでは、コストコのロティサリーチキンを
クリスマスに食べる方法を紹介します。

コストコのロティサリーチキンをクリスマスに食べる!当日購入の状況と何日前ならスムーズに買える?


コストコのロティサリーチキンは予約ができません。
なので、とにかく当日購入は混み合います。

ですが

購入当日に配布される整理券

を手に入れれば確実に手に入れられます。

しかし、コストコのロティサリーチキンは
1度に焼けるのが32羽なので
整理券を手に入れたものの、番号が後ろの方だった場合、
4時間から5時間ほど待たなければならない事もあります。

そして、朝1で整理券を手に入れようと思って
朝10時の開店時間に来店しても
混雑状況によっては当日予定より早く開店する
というようなこともあります。

そうなると、10時に行っても整理券がもらえない
なんてこともありえます。

となると、当日購入はなかなか難しくなってしまいます。
その辺を考慮すると、当日購入を狙うなら
開店予定の1時間前には遅くても到着しておく必要があります!

それでももしかしたら整理券を逃しちゃう可能性はあります…

しかし、諦めるのはまだ早いです!

当然コストコのロティサリーチキンは
常に売っているものなので
早めに購入しておいて冷凍保存しておく
という手もあります。

1週間程度なら冷凍しても
全然大丈夫でした♪

22日~25日位までは確実に混みあうので
余裕を見て20日前までに購入しにいけばいいかなぁと思います^^

以前に買いそびれてガッカリした経験がある方は
今回は早めの購入をオススメします。

近くにコストコが無いって人は
少々割高にはなるけど、通販を使うのも1つの手ですね♪

コストコのロティサリーチキンの温め方!冷めたチキンを美味しく食べる方法

店頭に並べられているロティサリーチキンは温かいのですが
やはり持ち帰る頃には冷えていますよね。

ただでさえクリスマスは真冬なので寒いですし・・・
無事購入出来ても冷めたチキンでは
おいしさも半減してしまいます(ToT)

そんな時には、自宅で温めなおすしかありません。
あの大きなチキンを美味しく温め直す方法を
いくつかご紹介します!

冷凍保存しておいたロティサリーチキンは
冷蔵庫に入れて解凍してから温めるのがおすすめです!

では早速ご紹介しますね!

簡単に電子レンジで温める

この方法は中まで温めることがなかなか難しいです。
が、一番手っ取り早い方法でもあります。

レンジ強で7~9分チンして様子を見ながら
時間を追加していってください。

切り分けると温めるのが楽ですが
見た目のインパクトは減ってしまいますので
あまりオススメできません。

オーブンで焼きなおす

この方法では、ふっくらというよりも
パリパリな食感で食べることができます。

160℃で15分くらいを目安に設定します。
低温に設定することにより、時間はかかりますが
中はふっくら外はパリッとなるので一番おすすめの方法です♪

アレンジを加える場合

アレンジして温める方法もご紹介しますね!

☑️フライパンで焼く

この方法は
自分でお好みのソースなどをかけて温めていきます。

☑️鍋で煮る
チキンの醍醐味がなくなってしまいますが
骨のうまみなどを残さず味わえます。

スポンサードリンク

コストコのロティサリーチキンの切り方!こうすれば食べやすい!

クリスマスくらいしか食べない鶏の丸焼きですが
どうやって切り分けるのか悩みますね。

私が初めて鶏の丸焼きを購入した時は
切り方がわからずせっかくのチキンが
くちゃくちゃになってしまったことがありました。

今ではちゃんと学習したので、それを紹介します。

チキンを切る時は包丁を使います。
私は小さい包丁が使いやすいのでペティナイフを使います。

手がベタベタになるので手袋をする方はしてください。
手足を縛っているタコ糸がついていれば先に切ります。

ではお肉を切っていきます。

1、 もも肉を外す
2、 手羽を外す
3、 胴体の真ん中から切込みを入れむね肉を外します
4、 ささみを外す
これで綺麗に食べられます。

まとめ

コストコのロティサリーチキンについて
おわかりいただけましたでしょうか?

去年は手に入れられなかったという方は
今年こそ手に入れてくださいね。

そして、こちらを参考に、
上手に切り分けて美味しく召し上がってください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました