六本木ミッドタウンイルミネーションへのアクセスはここから!小ネタもご紹介

スポンサードリンク

東京・六本木のミッドタウンの芝生広場が見事に青い光の海になる
という映像に惹かれて、子供たちを連れて遊びに行きました。

昔、ここに防衛庁があったとは思えないほどの変貌ぶりです。
その広さ、そして光りの密度は一見の価値あり!です。

そんな六本木ミッドタウンイルミネーションへの
おすすめのアクセス方法や服装などをまとめてみました!

子連れで行く時のポイントやちょっとした小ネタもご紹介しますので
最後までご覧くださいね^^

六本木ミッドタウンイルミネーションへのアクセス!六本木方面・乃木坂方面、わたしは断然こちらがおすすめ!


地下鉄の六本木駅方面から行くと
地下から直通のルートでショッピングモールの中を抜けて芝生広場に向かう
ことになります。

吹き抜けのあたりには季節ごとに賑やかな装飾が施され
この季節はやはりクリスマスのためのデコレーションが目を引きますが
あちこちのお店にも気を取られてフラフラ(笑)しがちです。

その点、乃木坂方面からミッドタウンに向かうと
建物の正面左側から迂回して外から芝生広場に入っていけます。

その途中にある木々には、毎年白いLEDがつけられており
幻想的な光を眺めながら散歩して、その先に青い海がみえるのです。

乃木坂ルートはところどころに屋外のバーなどが設営されている時もあり
皆そぞろ歩きという風情で寒い中、美しい光景を楽しんでいます。

お子さんを連れて行くなら絶対こちらのルートがお勧めです!

六本木ミッドタウンのイルミネーションを楽しむならこんな服装!

外を散歩してイルミネーションを楽しみ
レストランやカフェで飲食、買い物など・・・

ミッドタウン近辺では色んな過ごし方ができます^^

ですがここで1つ気を付けた方がいいのが服装です。

このクリスマスの季節は

屋外と室内の気温の差が激しく、汗をかいたり冷えたりという調節が難しく

なります。

特に小さなお子さんたちは、きらきらした非日常の空間で舞い上がり
そういう部分への注意が難しくなりますので
大人がマフラーや帽子といった、着脱が楽なものを活用して調節
風邪などひかないように注意して過ごしましょう。

カフェのスタンドで温かい飲み物などを買って
暖をとりながら眺めるイルミネーションも素敵ですね。

スポンサードリンク

六本木ミッドタウンイルミネーション子連れで帰りに立ち寄るならこんな場所!

イルミネーションを楽しんだ後は、モールの中の飲食店に立ち寄るケースが多いのですが。
ヒルズの裏側、芝生広場のイルミネーションが見渡せるエリアに近い飲食店は常に満席、行列ができます。

なので、お子さんたちを連れているのであれば
駅に近い方面や地下の飲食店、ショップのイートインなどが狙い目です。
回転も速く、いろいろな種類の食事やお茶が楽しめますよ。

また、屋内の装飾も大変凝ったものが多く
開放感のある吹き抜けの周囲はとてもきれいです。

お手洗いもバリアフリー含めて充実している
場所も解りやすくなっていますのであらかじめチェックしておくと
慌てずに済むと思われます。

飲食店のスタッフもお子さん連れに優しく対応してくれますので
安心してひと休みできますよ。

六本木ミッドタウンイルミネーション会場近くのプチ情報

イルミも素敵ですが、ミッドタウンは桜がすばらしいですよ。
イルミネーションを白いLEDでデコレーションする樹々は桜並木です。

昔、ここには防衛庁があって
ふるーい戦前の建物がそのまま使われておりそれも風情があって好きです。

国立新美術館があるところにも
旧軍の歩兵第三連隊という226事件にかかわった部隊の遺構があり
今はその一部がメモリアル的に残されているだけですが
味のある建物でそういう風景がとても好きでした。

そして最後にちょっとした小ネタを^^

この国立新美術館のむこうに
『相棒』の右京さんが通っている紅茶屋さん
があります。

デンメアティーハウスという赤い小さな可愛らしいお店です。
お茶とケーキもとても美味しいです。

デンメア ティーハウス 六本木店
03-5772-1812
東京都港区六本木7-21-22 セイコー六本木ビル 1F

営業時間が19時までなので
イルミネーションを見る前に立ち寄るのがおすすめです^^

おわりに

六本木のど真ん中にこんな大きな広場があるんだ!
と不思議な気持ちがします。

そこが青い光に覆われるのはなんとも幻想的。
ここだけにおとずれるのではなく、国立新美術館や六本木ヒルズなど
周囲の施設を楽しんでから、一日の〆に立ち寄るのも素敵ですね。

イルミネーションは、冬に見るからこそ
より一層きらきらと、どこかにぬくもりを感じて
心がほっこりするのです。

寒いので風邪をひかないように温かい格好で
楽しんできてくださいね^^

スポンサードリンク