ローストビーフの赤い肉汁って大丈夫?原因と対処方法は?

スポンサードリンク

ローストビーフって美味しいですよね!
私は大好きで、特別な日には必ず作っています。

そんなローストビーフ。
1番気になるのは、中の火の通り具合ですよね。

火が通りすぎているのは、パサパサが気になってしまいます。
でも、焼きが甘いと中がまだ生々しいなんてことになります。

なかなか難しいローストビーフ。
初めて作ってみよう!
と思っている方、中の火加減はどんなものか気になりますよね。

火は通っている感じだけど、中からの赤い肉汁も気になる・・・
そんなあなたの悩みを解決していきたいと思います。

ローストビーフの赤い肉汁って大丈夫なの?!


ローストビーフを切った時、赤い肉汁が出てくると
食中毒になったらどうしよう・・・って不安になりますよね。

不安になると食べるのをためらってしまうと思います。
しかし、ローストビーフの赤い肉汁は生の状態ではありません。

ローストビーフを作るとき
表面はしっかりと焦げ目がつくくらいに焼き上げ、
そのために、お肉の色が灰色や茶色になります。

それは肉のたんぱく質が変質するからなのです。
しかし、中は低温でゆっくり焼き上げていきますので
たんぱく質の熱変質がおきません。

そのために、あまり色が変化しないんです。
赤いからといって生ではないので、安心して食べてくださいね。

ローストビーフの赤い肉汁の原因と正体は?


先ほど、安心して食べてくださいと言いましたが、
この赤い肉汁の正体がわからなかったら、安心なんてできませんよね。

この赤い肉汁の正体は
血ではなく「ミオグロビン」という色素たんぱく質
の一種です。

なぜ赤いかというと
牛の筋肉の中に含まれている水分とミオグロビンが混じって流れ出てくると
赤くなってしまい、血液と勘違いしてしまうのです。

ローストビーフの中は

ワインの「ロゼ」と同じになれば理想

と言われていますので
結構赤身が強い方がとても美味しく食べられるのです。

スポンサードリンク

ローストビーフから赤い肉汁が出たときの対処法

赤い肉汁って見た目にもあまりいい感じはしませんよね。
これを最小限抑える方法があります。

そもそも肉汁は、肉と肉の間の組織の間に挟まった状態です。
切ることにより
まだ焼きたてで熱さが残っているローストビーフから
流れ出てしまいます。

これを出にくくする方法はしっかりと冷ますということです。

冷えると肉汁も固まるので、切った時に出にくくなります。
全くでないというのは無理だと思うので、この方法で試してくださいね。

まとめ

ローストビーフは中までしっかり加熱されているので、
生ということは、極端に焼きが甘いということ以外ではないので、
時間をかけてゆっくりじっくりと焼き上げてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする