ソーセージとウインナーの定義の違い。焼くのがいいの?おいしい食べ方はこれ!

スポンサードリンク

朝食やお弁当のおかずとして一品欲しいときの夕飯の足しなど
とても手軽で取り入れやすい、ソーセージやウィンナー!

あなたは好きですか?

我が家は主人が大好きですし賞味期限も長く保存しやすいので
冷蔵庫には必ずストックしてあります。

ところで普段あなたはソーセージを食べてますか?
それともウィンナーを食べてますか?

ソーセージとウィンナーの言葉の違いや意味を考えたことはありますか?
このふたつに、明確な違いはあるのでしょうか⁈

また、ソーセージやウィンナーの美味しい食べ方も考えていきましょう!

ソーセージとウインナーの定義の違いはこれ!

まず、簡単に説明すると
ウインナーはソーセージの一種です!

ソーセージというものは
原料や作り方によって数千以上の種類があります。

豚肉や牛肉を細切りにし香辛料と練り合わせ
ケーシングという膜状の袋に詰めた食肉加工品のことを
一般的に『ソーセージ』と呼んでいるのです。

それではウィンナーとはどういうもののことを言うのでしょうか。

ウィンナーは

塩漬けにした豚肉と牛肉に香辛料を加えて練り合わせ
ケーシングに詰めたあと燻製しボイルしたソーセージ

のことです!

オーストリアのウィーンで作られたため『ウィンナー』という名前が付けられました。

ソーセージやウインナーは焼く?ボイル?レンチン?おいしい食べ方は?

ソーセージやウィンナーの食べ方はそれぞれの家庭によって違うと思います。

焼くという家庭が一番多いのではないでしょうか。
焼く場合は基本的にはフライパンに油をひかず
皮が破れない程度に火が全体に通るように
フライパンの上でコロコロと転がしながら焼きます。

4〜5分もすれば焼き上がります。
火加減を調節しながら皮が破れないようにしましょう。

破れると肉汁が溢れ出てしまいます。
また、焼きすぎると皮がパサパサになってしまうので
パリッとした食感が得られません。
焼きすぎには注意しましょう!

スポンサードリンク

次に、ボイルする場合ですが、
この場合も茹ですぎて皮が破れて肉汁が漏れでないように
気をつけながら調理しましょう。

沸騰したお湯に冷蔵庫から出したばかりの冷たい状態のソーセージを入れると
お湯の温度が75度くらいになりおいしく茹でられます。

75度がソーセージの肉の旨みを殺さない最適な温度なのです!

洗い物が手間だったりコンロがうまっていて使えない時などは
レンジでチンが便利です。

お皿にソーセージを乗せてラップをふわりとかけたら
600Wで10秒ずつ様子を見ながら温めていきます。

最初から長い時間レンジにかけて爆発させないように、気をつけましょう!

レンジを使用する場合は
マグカップにソーセージを入れソーセージがかぶるくらい水を入れ
600Wで1分加熱することで調理することもできます。

1分以降は様子を見ながら加熱してください。
この方法だとボイルしたような仕上がりになりますよ!

そして最近、ソーセージをおいしく食べられると話題の調理法があります!

それは
フライパンに50ccほどの水とソーセージを入れ転がしながら茹でる。
です。

水分がなくなったら中火にし表面を焼きます。
皮がはじけそうになったら火を止めて出来上がりです!

この方法で調理すると、ソーセージに水分が補給され
ジューシー感が増します。

焼くことによって香ばしさが出て、
なおかつ食べた時には肉汁感がしっかりとある仕上がりになるのです!

あなたがまだ試されたことがなければ、
是非一度はやってみてほしい調理法です!

まとめ

いかがでしたか?

とても身近な食材である、ソーセージやウィンナーですが、
改めて調べてみると言葉に違いがあったりいつもとは違った美味しい食べ方があったり…

特に、美味しい食べ方に関しては、
どんな食材でも自分ではワンパターンになってしまって
気がつかないような色々な調理法があります。

色んな食べ方を知りたいな、と思ったら、調べてみると幅が広がりますね!

スポンサードリンク