餃子フェス仙台に行ってきた!値段やチケット、電子マネーについて。会場の様子も♪

スポンサードリンク

9月14日~18日まで榴岡公園で開催の餃子フェス仙台に行ってきました♪

会場の様子や値段、チケットの買い方や電子マネーについてお伝えしまーすヾ(*´∀`*)ノ

餃子フェス、気になっている人は良かったら参考にしてみてください♪

餃子フェス仙台 チケットの買い方と値段

餃子フェス仙台の会場は、榴岡公園です。

仙台駅から歩いていく事もできるけど、20分くらいかかります。

わたしは電車で行きました。
榴ヶ岡駅側から行くと、公園に入って階段を上がります。

そうすると「餃子フェス」の入り口へ。


この入り口のところに行列ができていました。
そこがチケット購入の列だったので並んでみました♪

案外スムーズに進んであっさりチケットゲット。

チケットは1枚600円です。

欲しい枚数をカウンターのお姉さんに伝えて、お姉さんがiPadのようなものに打ち込んで、私たちは紙のチケットをもらいます。

会場で買えるものは、餃子の他にはビールやペットボトルの飲み物です。

餃子の値段はほとんどが1つ600円。(チケット1枚)
お店によって1皿の2~6個と個数が違います。

2個でも600円なのでコスパはちょっと悪いですよね・・・(;´・ω・)

ちなみにビールも600円です・・・

食べたい餃子ブースの列に並んで、先ほど購入したチケットを渡して餃子と交換します。

わたしはお友達と2人で行って、それぞれ1種類づつ購入。
せっかくなので、普段食べないような餃子を食べてみようと思いチョイスしたのがこちら。
↓ ↓ ↓ ↓

富良野産地養豚 フォアグラと白レバーの焼き餃子です。

こちらももちろん600円なのでチケット1枚です。

餃子フェス仙台 電子マネー

餃子ゲットで列に並んで気が付いたんですが・・・
どうやら餃子購入には、チケットの他に、電子マネーでも買えるんですね・・・(;´・ω・)

使える電子マネーは、SuicaやPASMO、nanacoやWAON、楽天Edyなどの交通系や流通系など、メジャーなものならほとんど使えます。

電子マネーなら、チケット購入の行列に並ぶ必要がないので、その分時間短縮になりますね~。
ただし、会場内にチャージできるところがないので、使う場合は事前にチャージしていく必要があります

なので、交通系ならJRの駅で、榴ヶ岡近辺なら榴ヶ岡のすぐ近くにセブンイレブンがあるので、そこでチャージしてから行きましょう♪

ちなみに、ビールなどのドリンク類はその場で現金購入もできます。
※チケットや電子マネーが無くてもOKです。

スポンサードリンク

餃子フェス仙台 会場の様子

私が行ったのが金曜日の18時くらい。
この時間は結構人は少なかったですね~

入り口入ってすぐくらいにある2店舗は結構行列になっていたけど、その他のお店は大した行列にはなっていなかったです。
私が購入した餃子のブースは、私が並んだ時点では5人程度でした(;´∀`)

お隣のブースに関しては、誰も並んでなかったので、スムーズに買いに来る人はスムーズに購入していました。

お友達の並んだブースも、私と同じく5人程度かな。

そして、ビールも並ばずスムーズにゲット。

会場入って右手側に、椅子とテーブルが置いてあるのでそこで購入したものを食べることができます。

テーブルが結構汚れているので、ウエットティッシュがあるといいですね。
ふきんなどは置いてません。

さて。いざ実食ヾ(*´∀`*)ノ

右が私が買った「フォアグラと白レバーの焼き餃子」
左がお友達が買った「黒豚焼き小籠包」です。

わたしの餃子は、なんていうか餃子っぽくない。
新しい感じでした(笑)

小籠包はまぁ普通においしかったです(笑)

で、会場内持ち込み禁止となっていましたが、結構な人が持ち込みしてビールとかハイボールとか飲んでましたね・・・(;´・ω・)

スタッフの方に注意されるという様子もなかったです。

おわりに

結局この餃子フェス仙台で食べたのは2種類。
もう少し色々食べてみたいなぁと思ったけど、なにせ寒くて・・・

それに、餃子だけで何種類も食べるっていうのも飽きてしまうなぁという感じで、結局2種類で終わりました(;´∀`)

1皿(2~6個)で600円って、確かにコスパ悪いかなぁとも思うけど、わたしが食べた2種類は結構ボリュームもあったのでまぁまぁそんなもんか?という感じでした。

まぁただ、少人数で行くとそんなにたくさんの種類が食べられないので、色んな種類を食べたいって時はお友達誘って数人で行くといいのかなぁとも思いました。

あと、仙台はこの時期もう寒いので暖かい格好で行くのがおすすめでーす。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする