七五三の初穂料はふたり一緒の場合は?相場は?のし袋と表書きと種類は?

スポンサードリンク

双子だったり、姉妹、兄弟で二人一緒に七五三
って方は珍しくないと思います。

私が小さい頃、妹と一緒に七五三をしました。

そして、我が子も双子プラス2歳年上の兄がいるので
今年は3人で七五三を迎えます。

息子3人の晴れ姿を見ることをとても楽しみにしています。

ところで、ふたり同時に七五三を迎える時
初穂料はどうすればいいのでしょうか?

ここでは、そんな疑問を解決していきたいと思います。

七五三の初穂料はふたり一緒の場合は1つの封筒でOKなの?

ふたり一緒に、七五三さんを迎える場合ですが、
ふたり分を分けた方がいいです。

あくまで、1人1人にかかるお金ですので、1人1人祝儀袋を分けて、
名前も1人1人書いて、完全に別として考えておきましょう。

七五三の初穂料の相場【ふたり分の場合】

初穂料の相場は1人5千円となっています。
神社によっては、はっきりと5千円と書かれているところがあります。

中には「お気持ちで」と言われるところもあります。

しかし、あまりに少ない金額を初穂料としてお渡しすると、
お祓いを断られてしまう場合もあります。

他には、5千円の中に千歳飴代などが含まれている場合があります。
そんな時は、少ない金額だとお祓いのみで手土産がない場合があります。

初穂料は、1人1人にかかってくるお金なので、
ふたり一緒だからと言って5千円包めばいいというわけではなく
一人5千円×2人分ということで1万円必要となります。

ここはしっかりと覚えておいてくださいね。
そうでないと、出先で恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

スポンサードリンク

七五三ののし袋の表書きはふたり分ならどうする?どの種類を使うのが正解?

七五三の祝儀袋の表書きの名前は1人1人分けて書きましょう。
祝儀袋は、紅白蝶結びの水引のついたものが良いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

祝儀袋 初穂料
価格:216円(税込、送料別) (2018/8/15時点)

表書きは、「初穂料」
そして名前は1人1人、お子さんのフルネームを書きましょう。

神社によっては、一般的な封筒でよいというところもありますが、
恥をかかないようにするためには、祝儀袋に入れておくのが、
間違いないと思います。

まとめ

七五三は各神社によって、決まりごとが違うため、
行こうと思っている神社に事前に問い合わせると確実です。
せっかくの七五三を楽しい思い出にできるように、
事前の計画はしっかりと立てて、お子さんはもちろん、
あなたにとってもいい思い出になりますように。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする