お盆に準備するものは?いつから始める?飾りつけは?

スポンサードリンク

お盆とは1年に1度、亡くなった方が帰ってくる日です。
ご先祖様、大切なご親族様をお迎えするために、事前にバッチリと
準備をしておきましょう。

しかし、今年初めてお盆の準備を任されたなんて方は、
何をどうすればいいのか、わかりませんよね。

そんな方に、お盆の迎え方、事前に準備しておくもの、お供え物はどうする?
そういった疑問を解消していきたいと思います。

お盆に準備するもの一覧!これでバッチリ!

1番初めに確認することは、お盆の日程ですね。

初盆は、旧お盆と呼ばれる7月13日~16日もしくは、
新盆と呼ばれる8月13日~16日に迎えるのが一般的です。

しかし、地域によって違うこともありますので、確認してくださいね。

まず、お盆の時には、お寺のお坊さんに来てもらわなければなりませんよね。
お盆の時期は、どこのお坊さんも忙しいです。
早めに手配をしておかないと、どこのお坊さんにも、
来てもらえないということになってしまいます。

そして、来てもらう方への招待状の送付です。
お返事が返ってきたら、料理の手配です。
お盆の時期は、どこのお料理屋さんも忙しいです。

私の経験で、お盆の3日前にカニ料理のお店を予約しましたが、
13日~16日まで、どの時間帯もいっぱいでした。

仕方なく、飛び込みで、ちょっとお高い焼肉屋さんに行くこととなってしまいました。
事前の計画はしっかりと立てておかないと、大変なことになるなと実感した日でした。
お弁当屋さんも忙しい日となりますので、早めの予約をおすすめします。

そして、参列してくださった方へお渡しする、お品選びです。

自宅まで、配送してもらう方は、早めに手配しておかないと、
希望の日程までに到着しませんので、こちらも余裕をもって、
手配してくださいね。

お品の数ですが、想定人数よりは多めに購入しておきましょう。
想定外の方が来られたり、郵送で送ってくださる方もいます。
急な方へのお返しでバタバタしないように、こちらも余裕をもって、
手配しておきましょう。

数日前までに用意するものの最後は、
来ていただいたお坊さんへの、お布施の準備です。

お盆のお布施の金額は3万円~5万円が一般的です。
そして、交通費として5千円~1万円をお渡しします。

また、お坊さんが会食をお断りしてきた場合、
御膳料として5千円~1万円をお包みします。

金額は地域により決まりがある場合がありますので、
親族の方に確認を取ることをおすすめします。

そして、お布施の表書きは、
「御布施料」、「御布施」、「初盆料」と書きます。
お札は新札ではなく、折り目のついたお札を入れてください。

お盆の準備はいつから始める?

お盆の準備は大体、2か月前くらいから、段取りは組んでおきましょう。
実際に、色々と手配し始めるのは、半月前から1か月前でいいかと思います。

お盆の飾りつけはいつやるの?

お盆の飾りつけや、お仏壇のお掃除は前日までにしておきましょう。

初めに、お仏壇の掃除をします。
普段より念入りに、普段行き届いていないところまでします。

迎え火、送り火の準備をします。
迎え火、送り火に使う受け皿となる素焼きのお皿を用意するのですが、
こちらは、お盆のシーズンになると、ホームセンターで売られていますので、
ないのであれば購入しておきましょう。

次に盆棚を準備します。
こちらは、故人をお迎えするための棚の事を言います。
盆棚は、仏壇の前に設置します。盆棚を設置したら、
位牌を仏壇から盆棚に移します。

精霊馬、精霊牛を準備します。
故人をお迎えして、お送りするための、物となります。

こちらは、キュウリとナスで作ります。
こちらはなぜ用意するかと言いますと、
故人が馬に乗り、早くお見えになられるように、
そして帰りは牛でゆっくりお帰りください。という意味が込められています。

自分で作るのが難しければ、ホームセンターで売っていますので、
購入してくださいね。

盆提灯を準備します。
こちらは故人への目印となりますので、玄関や部屋の窓際、仏壇の前に設置します。
故人が迷ってしまうと、せっかくお迎えしたくてもできませんよね。

最後にお供え物を準備します。
お供え物は一般的に、季節の果物や野菜です。
そして、仏花です。
お線香、白ろうそくも忘れずに用意してください。
また、初盆の際はお団子も用意します。

お供えするものに関しては、各宗教やしきたりによって違いますので、
必ず事前に確認してから、お供えしましょう。

まとめ

お盆の準備は、時間もかかりますし、色々大変ですが、
1年に1度帰ってこられる故人のために、精一杯、おもてなしをしましょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする